ヤマザキマリ漫画家の母親が規格外!?子供を未婚で産んだ理由や現在、夫は?

リンク広告




ヤマザキマリが脚光を浴びたのは、
漫画「テルマエ・ロマエ」では
ないでしょうか。

コミックとして2008年から2013年
まで連載された漫画「テルマエ・
ロマエ」は、

2012年に映画化されました。

古代ローマの浴場と日本の浴場が
タイムスリップで繋がるという
奇抜な発想が話題となったのです。

輪をかけて古代ローマ人に阿部寛、
市村正親、北村一輝など濃い顔の
キャストを起用し、

映画「テルマエ・ロマエ」は58億円
の興行収入を誇ります。

今回は、あの「テルマエ・ロマエ」
の漫画原作者であるヤマザキマリ
にスポットを当ててご紹介します。

スポンサードリンク

ヤマザキマリの母親が規格外ってどういうこと!?

ヤマザキマリが2019年1月に出版
した

ヴィオラ母さん 私を育てた
破天荒な母・リョウコ」

が話題となりました。

ヤマザキマリの母親であるリョウコ
の規格外の人生を綴った、漫画と
エッセイのミックス本です。

ヤマザキマリ本人の破天荒さは
驚くほどで、
そのヤマザキマリが形成された背景
には母親リョウコの存在が大きかった
ことが良く分かります。

この母親にしてヤマザキマリありです。

シングルマザーとなり戦後の女性が
仕事を持つこともままならない時代に、

思い立ってヴィオラ奏者として生きる
ことを決意。

女手一つで2人の子を育て上げな
ければならない大変な中でも、

音楽と家族を愛し自分の人生を真っ
直ぐに歩んだヤマザキマリの母親リョウコ。

本の帯封に生きることは結局楽しいと、
まるで「朝ドラ」のような人生
とありました。

もしかしたら本当に「朝ドラ」
として放送される日が来るかも知れません。

ヤマザキマリのプロフィールが知りたい!

それではここで、気になるヤマザキマリのプロフィールを見ていきましょう。

出典

ヤマザキマリは、東京都出身の
1967年4月20日生まれ。

ミッションスクールに通っていた時に
母親の旧友の音楽家のいるドイツや
フランスの方に一人旅をします。

また、イタリアに渡って国立の
美術学院で美術史と油絵を学びつつ、

イタリアで11年間過ごしたヤマザキマリ。

イタリア人との間に1人の子どもを
授かりました
が、シングル・マザー
となってヤマザキマリ1人で育てることに。
(詳しくは後ほど)

漫画デビューは1996年から。

2002年には14歳年下の陶芸家の
イタリア人男性と結婚。

その後イタリアからシカゴに拠点を
移し、漫画家としての本領発揮となります。

ヤマザキマリの漫画家としての代表作は「テルマエ・ロマエ」!他の作品は?

何と言ってもヤマザキマリの
ターニングポイントとなったのは、

2010年に「テルマエ・ロマエ」が
マンガ大賞を受賞したことでしょう。

「テルマエ・ロマエ」の発想に一役
かったのが、
ヤマザキマリの古代ローマおたく夫の存在。

ヤマザキマリの夫はローマ皇帝の
名前を全て言えるほど古代ローマに
精通していたとか。

二人で古代ローマの話をしている中、
突拍子もないストーリーがヤマザキ
マリの頭上に降りて来たのかも知れません。

劇中で日本人を「平たい顔族」
呼んでいたのも印象に残ります。

アニメやオンラインゲーム、
さらに続編映画「テルマエ・
ロマエⅡ」も公開されています。

「テルマエ・ロマエ」があまりにも
有名となり、
ヤマザキマリの代表作であることは
間違いないですが、

他にはどのような作品があるのかを
ピックアップしてご紹介。

「スティーブ・ジョブズ」(伝記)、
「プリニウス」(日本の歴史ロマン」
、「ヤマザキマリのリスボン日記」
(テルマエは一日にして成らず)、

「テルマエ戦記」など、さすがに
「テルマエ・ロマエ」関連の作品も多数でした。

スポンサードリンク

ヤマザキマリは子供を未婚で産んでいた!その理由は?

ヤマザキマリは今の夫の前に、
イタリア人の男性との恋愛話
がありました。

イタリア人の男性は学生アパートの
隣に住んでいた自称詩人。

結婚をしたわけではなく、同棲生活の
中で妊娠が発覚したのです。

男性を養う形の生活だったヤマザキ
マリは、さすがに2人の面倒は見れな
いと思ったのか、

イタリア人の男性との同棲生活に
ピリオドを打ち息子を出産して
シングルマザーとなりました。

子どものためにというのが大きな
理由で、

生活費を稼ぐため漫画を描き始めた
ヤマザキマリです。

ヤマザキマリの現在は?

「テルマエ・ロマエ」の空前の
大ヒットの後からは、

メディア出演も多くなり2012年には
一通りのトーク番組には出演をして
いる勢いでした。

ヤマザキマリのブログを見てみると、
虫好きでもあるヤマザキマリは

カブトムシのブリーダーになりました
と報告しています。

出典

意外だったのが、ヤマザキマリの
ブログというと写真もあまりなく
淡々としているイメージでしたが、

鮮やかで大きめの写真がボンボンと
あって大迫力。

猫も飼っているようで可愛い猫の
写真もありました。

それがこちら。

出典

ヤマザキマリはプライベートも充実
しているようですし、

仕事もトークイベントや著名人との
対談、テレビ番組出演など漫画の
推敲や執筆活動の他に多岐に渡って
活躍しています。

スポンサードリンク

さいごに

ヤマザキマリについて、
もっともっとお伝えしたいこともあり
書ききれないほどです。

ヤマザキマリの近況や情報は先ほどの
ヤマザキマリのブログがおすすめ。

「テルマエ・ロマエ」が全面に出て
しまっていますが、

他にも素敵な作品はたくさんあります。

秋の夜長これを機会にヤマザキマリ
の漫画やエッセイを一読されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
リンク広告




関連コンテンツ



スポンサーリンク
サイドバー

スポンサードリンク



サイドバー

スポンサードリンク



フォローする