柳葉敏郎の若い頃は欽ドン?酒癖や武勇伝、共演NG女優とは?

スポンサーリンク
俳優・女優

こんにちは。有名人大好きの
サバ夫です。

 

俳優として長らく活躍を続ける
柳葉敏郎さんが世に出たのは
1980年代ですが、

きっかけとなる大きな転機が
ありました。

 

路上パフォーマンス集団
「一世風靡セピア」の
メンバーとなったこと。

 

そして、萩本欽一さんが手掛けた
バラエティー番組
「欽ドン!良い子悪い子
普通の子おまけの子」
の出演です。

 

とくに
「欽ドン!」時代の柳葉敏郎さんの
キャラクターは現在のイメージとは
遠いもので。

知らない人が当時の映像を見ると
驚くかもしれません。

 

今回は柳葉敏郎さんの若い頃の
ことや、実は酒乱?など

あまりイメージにない側面などに
ついて調べてみました。

柳葉敏郎の若い頃は?

柳葉敏郎さんの生い立ちについては
別記事で触れますが。

芸能活動のスタートは日本テレビ系の
オーディション番組「スター誕生」
の出演です。

 

大学受験に失敗し、気分転換で
応募したのが、合格ラインまで
あとわずかのところまでいったことで
芸能界に興味を持ち。

上京して劇団ひまわりに入団。

 

その後、
路上パフォーマンス集団の
「劇男零心会」に参加するなどで
活動します。

 

そして、哀川翔さんらと結成した
「一世風靡セピア」を結成すると、
男性らしさを前面に押し出した
歌とパフォーマンスで人気を博します。

 

1984年にリリースしたシングル
「前略、道の上より」は
「ソイヤ!ソイヤ!」の
掛け声も話題となり大ヒット。

さらに、柳葉敏郎さんは後述する
「欽ドン!」出演が追い風となり、
知名度は一気に全国区となります。

 

本格的な俳優転身後も順風で、
1986年の映画「南へ走れ、
海の道を!」で日本アカデミー賞
新人俳優賞を受賞。

 

テレビドラマでもトレンディー俳優
として
「君の瞳をタイホする!」
「ハートに火をつけて!」
「すてきな片思い」
(いずれもフジテレビ系)
などの演技が評判となり。

「ギバちゃん」の人気は不動のものに
なっていきました。

柳葉敏郎は欽ドンに出演?

柳葉敏郎さんは一世風靡セピアの
一員として活動していたころ。

並行して「欽ドン!良い子悪い子
普通の子おまけの子」に出演。

 

秋田弁丸出しのキャラクター
「良川先生」役で、その後の
柳葉敏郎さんのイメージにはない
感じです。


出典

きっかけは
「ある人に何のオーディションか
わからずに受けさせられた」

 

オーディションを突破して、
人気番組の出演がかなっても

「人を笑わせるのは…」

と葛藤を抱えていたそうで。

 

大御所コメディアンの萩本欽一さんに
対しても
「どう抵抗してもかなわない。怖かった」

 

それでも、約1年半、厳しい環境に
揉まれながら歯を食いしばり続け
番組は終了。

 

焼肉屋で行われたという打ち上げ
では萩本欽一さんから温かい言葉を
もらいます。

 

「これでお前はひとりでやって
いけるぞ。もうこっちに戻ってくるな」

 

その言葉を自信に変え飛躍を誓った
柳葉敏郎さんは萩本欽一さんの
見立て通り、役者としての一人立ちに
時間はかかりませんでした。

 

当時は嫌だったという「欽ドン!」
ですが、今はその縁を「宝物」と
柳葉敏郎さんは言い切ります。

スポンサードリンク

柳葉敏郎の酒癖や武勇伝は?

秋田県出身の柳葉敏郎さんは
大酒飲みという噂で、その癖も
あまりよろしくないようで。


出典

芸能界一、二の酒豪で知られる歌手の
和田アキ子さんも、
「柳葉とは飲みたくない。」
と公言しているとのこと。

 

体育会系で熱血漢。

先輩にも礼を尽くす、というのが
普段の柳葉敏郎さんのようですが。

 

飲み過ぎると一変してしまうことが
あるらしく。

 

大御所お笑いタレントの
志村けんさんの頭の上に自身の
股間を乗せて

「バカ殿!」

と言ったとかという噂もあったり。

 

また、
知人の結婚式ではプロレスラーの
三沢光晴さんが述べた祝辞の内容が
下品だと憤慨して。

三沢光晴さんにケンカを吹っ掛け
ようとして、哀川翔さんに止められた
とか。

 

これはそばにいたらハラハラして、
お酒を楽しむどころではないですね。

 

柳葉敏郎さんも2020年に還暦を
迎えますし。

ご自身の健康のことも考え、
お酒はほどほどにしていただきたい
ものです。

柳葉敏郎の共演NG女優とは?

柳葉敏郎さんは2019年4月に
フジテレビ系で放送された
「梅沢富美男のズバッと聞きます!
浅野陣内柳葉30年ぶり大集合
今だから話せるSP」に出演。

 

共演NG女優だった?
三田寛子さんと再会します。


出典

2人はフジテレビ系のドラマ
「君の瞳をタイホする!」で共演。

 

キスシーンの撮影がありましたが、
当時21歳の三田寛子さんが
「人前でキスができない」と拒否。

 

撮影は中断して、2人が重なり合う
シーンをカメラのアングルを引いて
映すことで折り合ったそうですが。

それ以来、2人の共演はないと
いいます。

 

三田寛子さんは
「わたし、未熟すぎて『できません』
ってなって、撮影終了後、ギバさんが
スッと帰っちゃって。怒って共演NG
にリストアップされていると思っていた」

と告白します。

 

それでも柳葉敏郎さんは
「そんなわきゃない。つらい
気持ちだろうなと思っていた」
共演NG説は否定していました。

 

ただ、柳葉敏郎さんによると、
共演NGの女優さんは他にいる
そうです。

 

日本テレビ系バラエティーの
「しゃべくり007」に出演した時に
語ったものですが。

ドラマの撮影で山奥に入った際に
その女優が目が悪いことに気を使って
大きな石をどけていたら、その女優に

「男の癖に小さいことにこだわるな」

と言われ。

 

気を悪くしたところに、その女優が
同じシーンで2、3回NGを出し

「や~ん、ごめ~ん」

と軽く謝ったことに怒りを覚えて、
制作側に「なるべく同じシーンは
作らないで」と訴えたのだとか。

 

名前は明かされませんでしたが、
ネットなどには山の中のシーンが
あったフジテレビ系ドラマ
「沙粧妙子―最後の事件―」で
共演した浅野温子さんではないかと
詮索されているようです。

 

浅野温子さんは若い頃、
コンタクトレンズのCMに
出ていましたし、

ここ数年は眼鏡姿も見かけますので、
視力は悪そうですが、そのあたりも
一致することになるのでしょうかね。

スポンサードリンク

さいごに

柳葉敏郎さんは若い頃に
「欽ドン!」の出演で大活躍し、

その後はトレンディ俳優としての
地位を確立しました。

 

二枚目路線のイメージで売っている
芸能人は、キャラを模索していたころの
過去映像を嫌がる人も多いと聞きますし。

「欽ドン!」でのキャラは
当時やりたくなかったという
柳葉敏郎さんですから、
嫌がる一人なのかと思いきや。

そういった過去映像の放送などは
嫌がることなくOKしているそうです。


出典

柳葉敏郎さんは萩本欽一さんの
舞台があると花を届けるなど
しているようですし。

ブレークのきっかけをつくって
くれた「欽ドン!」との縁は、

前述した通り「宝物」なのでしょう。

 

ブレーク前で試行錯誤していた
時代のこともNGにはしない
柳葉敏郎さんには好印象を持ちます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優・女優 芸能
サバ夫をフォローする
レクのうわさばなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました