鈴木秀子(シスター)のwikiや経歴、臨死体験とは?結婚してるの?【あしたも晴れ!人生レシピ】

スポンサーリンク
女性著名人

こんにちは 😀

レクです。

 

NHKの
『あしたも晴れ!人生レシピ』
カトリックのシスター鈴木秀子さんが
出演します。

 

今回は鈴木秀子さんのwikiや経歴
過去に経験された臨死体験について

気になったことを調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

鈴木秀子(シスター)のwiki的プロフィールや経歴、結婚は?


出典

【生まれ】1932年生まれ

【学歴】
聖心女子大学卒
東京大学大学院人文科学研究科
博士課程修了

【経歴】
・フランス、イタリアに留学。

・聖心女子大学教授を経て
国際コミュニオン学会名誉会長。

・2000年
「国木田独歩論 -独歩における文学者
の誕生」で梅光女学院大学文学博士。

・日本にはじめてエニアグラムを紹介。

 

鈴木秀子さんは修道服は
着ていませんが修道女です。

 

修道院に入ると言ったとき、ご両親は
とてもビックリして、

特にお父さんは大反対したそうです。

 

修道会は両親の許可がないと入れない
んだそうですが、

「積極的な反対をしなければ許可と
認める」という原則があって、

決心を固めている鈴木秀子さんに
最後には何も言わなくなって
しまったそうです。

 

最後には親が折れた(諦めた?)形での
入信だったんですね。

 

 

鈴木秀子さんは結婚しているのか
気になっていましたが、

修道女は一生結婚してはいけないんだ
そうで。

 

ドラマなどの情報で、なんとなく
そんな気がしていましたが、
やっぱり現実もそうなんですね。

スポンサードリンク

鈴木秀子(シスター)の臨死体験とは?

鈴木秀子さんは47歳の時、臨死体験を
されました。

 

奈良の学会に出席するために、友人の
修道院に泊めてもらうことになった
そうです。

 

その修道院は、宮家の立派なお屋敷を
改築したもので、客間から下に降りる
階段はとても高く急でした。

 

夜中眠れなくて起きだした鈴木秀子さん。

暗がりの階段で足を踏み外し、そのまま
階下に転げ落ちてしまったのです。

 

落ちた勢いで、体を床にたたきつけられ
気を失ってしまいます。

 

気がつくと鈴木秀子さんは 宙に
浮かんでいて、

高いところからもう一人の自分が
見下ろしていたそうです。

 

そして宙に浮いている鈴木秀子さんの
足の周りには、

なぜか沢山のタケノコの皮のような
ものが覆っていたんだとか。

 

それが蓮の花だと知るのはだいぶ後に
なります。

 

それが1枚1枚ゆっくりと散っていくの
ですが。

1枚散るたびに、鈴木秀子さんは1つの
苦痛から解放され、
自由になるのを感じたそうです。

 

そして最後の1枚になり、これで完全に
自由になれる!と思ったそのとき、

最後の1枚は落ちず、そのまま空高く
飛翔しました。

 

瞬間、自分を見下ろす体と一体になり、
これまでに見たこともない
美しい白い光に包まれたといいます。

 

そして目の前には、白っぽい金色の
光の輝きに満ちた世界が広がっていた
んだとか。

 

その時、鈴木秀子さんは
「五感も思考もすべて研ぎ澄まされ、
これが永遠なんだ」という感覚を持ち
ました。

 

そんな最高の感覚に包まれていた時、
どこからか

「癒してください。癒してください」
声が聞こえてきたといいます。

 

次に光の主は「現世に帰りなさい」
というような、

言葉ではない言葉で告げたとのことです。

 

そして鈴木秀子さんはベットの上で目を
覚まします。

 

なんと、5時間も意識不明の状態だったん
だとか。

 

しかし、あれだけ急な階段から落ちた
にもかかわらず、

奇跡的に肋骨のひびだけで済んで
大けがは免れたそうです。

 

とても不思議な体験をされたんですね。

 

もし、蓮の花びらが全部散っていたら
と思うとゾッとしますね。

 

鈴木秀子さんは生かされる宿命だった
ということです。

スポンサードリンク

臨死体験後に不思議な能力が!

鈴木秀子さんは、この臨死体験を経験
してからというもの、不思議な能力が
身に付きました。

 

まず、事故の数年前から苦しんでいた
膠原病が、なぜかすっきりと治って
しまっていた
のです。

 

膠原病は原因不明の難病で、血液が
滞って体がこわばり、

時には痛みで息が出来ないほど
だったそうですが、

検査の結果、血液のつまりは
どこにもなく本人もお医者さんも
ビックリしたとのことでした。

 

それ以来病気知らずの健康体だとの
ことですよ。

 

また、鈴木秀子さんが病人に触れると
次々病気が治ったり、

ガラガラだった店に入ると、瞬く間に
混雑し始め、品物が売れていく
ということが立て続けにあって、
最初は面白かったそうです。

 

「これが超能力なんだぁ!!!」
と思ったんだとか。

 

一般的に、
臨死体験を経験すると病気を癒す
能力を授かったり、

持病が治ったケースが多いと言われています。

 

科学では説明できない不思議な事って
本当にあるんですね。

 

私だったら、間違いなくこの能力を
私利私欲の為に使います(断言!)

鈴木秀子の著書を紹介

鈴木秀子さんは沢山の著書を出されて
います。

何冊かピックアップして紹介したいと
思います。

 

「あきらめ」は決して悪いことでは
ないと説いた一冊です。

「諦める」「投げ出す」という意味とは別の
「あきらめ」を鈴木秀子さんはおススメ
しています。

 

鈴木秀子さんがシスターとして
苦悩する人に寄り添って耳を傾けた実話
が25話収められています

 

臨死体験を経験されて、人を癒す
ようになった鈴木秀子さん。

人は「生命の力」で大きく変わり
「愛の力」で輝いて生きられる。
と語っています。

 

すべての女性に向けて書かれた
一冊。
自分らしく幸せに生きる為の考え方が
書かれています。

 

「努力」「向上心」は、ときに追い詰め、
疲れさせてしまいます。
「今のままでいいんだよ」と教えてくれる
一冊です。

さいごに

『あしたも晴れ!人生レシピ』では
鈴木秀子さんから苦しみを幸せに
変えて生きるヒントが語られました。

それは・・・

聖なるあきらめ
=現実を受けるれること
寝る前の3つの感謝
=感謝は心を穏やかにする

です。

 

「臨死体験」という特異な体験は
私にはありませんが、

シスター鈴木秀子さんの人の心を癒す
本来持ち合わせている人となりなら、

私にも見習うヒントがあるのでは?
と注目したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました