ケミストリーの堂珍川畑の現在。嫁や子供は?デビュー秘話と不仲説、復活の経緯は?

こんにちは 🙂

レクです。

2012年4月から活動休止していた

CHEMISTRY(ケミストリー)が、

今年2月28日、3月1日に

東京国際フォーラム ホールAで行う

ワンマンライブを皮切りに

約5年ぶりに再始動しましたね。

CHEMISTRY(ケミストリー)を

「ASAYAN」時代から見ていた私から

すると、よくぞ再開してくれました!

という感想です。

特定のファンのみならず、今回の

再始動を知って同じように思った

人は多かったはずです。

当時、カラオケに行ったら必ずと

言っていいほど誰かしらケミストリー

歌っていましたね。

ちょっと難易度高めな曲なんかを歌い

きって満足気にドヤ顔していた先輩を

思い出します。

今回は、当時を懐かしんで

ケミストリーの誕生秘話から活動休止、

不仲説の真相、再始動や家族について

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

CHEMISTRY(ケミストリー)のデビュー秘話とは?


出典

ケミストリーのデビューまでの

経緯は現在ではあまり見られない、

一風変わった方法で行われました。

ケミストリーのお2人はテレビ東京系

「ASAYAN超男子。オーディション」

で応募者が2万人もいた中から合格し、

2001年3月7日に、シングル

「PIECES  OF  A  DREAM」

デビューしたデュオです。

当時「ASAYAN」といえばモーニング娘

など女性シンガー中心のオーディション

番組だったので、男性のオーディション

番組というのはASAYAN初の試みでした。

二度の予選を勝ち抜き最終選考残った

のはたったの5人。

2万人を5人に絞ったわけですから、

すごーい実力者が残りました!

というのはそのメンバーが今思うと

超豪華なんです。

ATSUSHI(アツシ)さん

出典

現在もEXILEのボーカルで活躍されています。

NESMITH(ネスミス)さん

出典

ATSUSHIさん同様EXILEで活躍されています。

藤岡正明さん

出典

現在ソロシンガーとして活動されています。

その時は残念ながら落選となりました

が、のちの活躍は皆さん知っての

通りですよね。

第一回目のオーディションは大阪会場

だったのですが、東京に住んでいた

川畑さんは大阪まで行く交通費がなく

当時働いていた建築現場の親方に

お給料を前借りして、大阪に行った

んだそうです。

「チャンスの神様は前髪しかない」

「思い立ったが吉日」とはよく言った

もので、その時の行動が運命の分かれ道

だったんですね。

チャンスの神様の前髪を見事つかんだ

川畑さんと堂珍さんで結成された

ケミストリーは一気にスターへの道を

登ることとなります。

2001年3月7日に発売したデビュー

シングル「PIECES OF A DREAM」は

発売6週目でオリコン1位を獲得。

その後ロングヒットとなり、

発売15週目にミリオンセラーを達成

します。

同年11月に発売した初のオリジナル

アルバム『The Way We Are』は

トリプルミリオンを記録。

ケミストリーは、

その年のNHK紅白にも出場し、

2001年はまさにケミストリーの年

と言っても過言ではなかったのでしょうか?

ちなみにCHEMISTRYの意味ですが、

「化学反応」という意味だそうです。

確かに、見た目からしてタイプの違う

お2人ですよね。

スポンサードリンク

ケミストリー堂珍さんと川畑さんのプロフィール

軽~くお2人のプロフィールを紹介

しておきますね。

堂珍嘉邦さんプロフィール


出典

誕生日:1978年11月17日

星座:さそり座

血液型:O型

身長:174cm

出身地:広島県安芸高田市

川畑要さんのプロフィール


出典

誕生日:1979年1月28日

星座:水瓶座

血液型:A型

身長173cm

出身地:東京都葛飾区亀有

年齢も身長もほぼ変わらなかった

んですね。

デビュー当時は21歳、今は39歳。

もう18年経つんですね。

そうなると気になるのは、

ご家族の事ですよね。

ケミストリー堂珍と川畑の嫁や子供、離婚の噂は?

堂珍さんと川畑さんは結婚されたのは

知っていましたが、その後離婚したん

でしたっけ?

お子さんはいたんでしょうか?

堂珍嘉邦さんの奥さんは?離婚の噂が絶えない2人

2004年6月1日に授かり婚でご結婚されています。


出典

堂珍さんの奥さんは2002年頃から

交際の噂があった堂珍敦子さんです。

もともとは女性ファッション誌「JJ」

や「VERY」などの専属モデルでした。

堂珍さんと敦子さんの間には

2004年12月11日、第1子長男
2007年11月17日、第2子次男
2009年6月1日、第3子(双子で三男と長女)
2014年2月末、第5子四男

と双子ちゃんも含め5人もお子さんがいるんだとか!!


出典

ある報道では2013年末に堂珍敦子さん

から離婚の話が出て、第5子を妊娠中の

翌年1月末には別居に至っているとの

ことなのですが、敦子さんの事務所は

否定しています。

敦子さんのブログには子育て奮闘記を

中心に得意な料理のこと、ママ友との

ことなど、楽しそうな日常が綴られて

いますが、このブログには不自然な

くらいに夫の堂珍さんが全く登場

していないんですね。

こういったことが長年離婚の噂が

絶えない原因とも言われています。

芸能人はイメージを重要視する事務所

の意向で、あえて配偶者を登場させない

場合もあるそうですし、

いったいどっちなんでしょうね。

もし別居報道が本当なら、出来れば

お子さんの為にも 仲直りしてもらい

たいものですね。

スポンサードリンク

川畑要さんの奥さんは?離婚してました(汗

2008年3月に堂珍さんと同じく
授かり婚をされています。

出典

川畑さんの元奥さんはモデルの

高橋美紀さんで、交際期間約半年の

スピード婚でした。

しかし2013年にお2人は離婚をされて

いましたね。

結婚も離婚も早かったので、当時

離婚理由について様々な憶測が

飛び交いました。

ケミストリーが活動休止して間もな

かったので収入面の不安が原因だとか、

元カノの安西ひろこさんに未練があった

とかなかったとか・・・

真相は本人にしか分かりませんね。

ケミストリー再始動の経緯は?堂珍と川畑の不仲説は大丈夫?

2001年にデビューしたケミストリー

ですが結成11年目の2012年に

活動を休止することを発表しました。

もともと「ASAYAN」で華々しく

デビューした2人ですが、本当は小さな

ライブハウスからスタートして徐々に

実力をつけていきたかったんだそうです。

ですが、テレビの影響力が凄すぎて

下積みもなくいきなり大スターになった

ことに、一発屋で終わってしまうん

ではないかという恐怖心が常にあった

そうです。

デビュー2年目にはケミストリーの

“生みの親”でもある松尾潔さんが、

音楽プロデューサーから離れることに

なり・・・

その後2007年頃から徐々にセールスは

下降し、とうとうオリコンで

トップ10に入ることが出来なくなり

ました。

10位以内にいるのが当たり前だった

ケミストリーにとって悔しい気持も

ありましたが、それと同時に2人とも

互いの“やりたいこと”を明確に出す

ようになってきたんだそうです。

売り上げが低迷したことは2人に

考える時間を与え、ソロをやりたい

気持ちが明確化してきた時期でも

ありました。

「ソロの活動に力を注いでスキルアップし、2人でもっといいものが作れるようになったときに、もう一度やろう」

と約束を交わし、お互いの行きたい

方向にそれぞれ進んでいきました。

そして、5年後の2017年の12月8日

ケミストリー再始動を発表。

実は再始動に向けての構想は、2年前

から準備をしていて、15周年を迎える

ときに再始動したいと、川畑さんの方

から堂珍さんに持ちかけたそうです。

2015年の元旦にケミストリーをまた

やりたいとの熱い思いをメールで

伝えた川畑さんですが、返信が返って

きたのは1週間後だったんだとか。

そしてやっと来た返事が

「今日、会えない?」だったそうです。

いきなり「今日会えない?」と

言われても困りますよね。

堂珍さんマイペースですね~と

思いましたが、堂珍さんとしては

元旦という改まる日にメールを

もらって、川畑さんの思いの重さを

感じたそうです。

返事に時間が掛かったのは真剣に

考えた結果だったんですね。

そして休止というと必ず言われて

しまうのが「不仲説」なんですが、

2017年11月に放送された

「ダウンタウンなう」の中の

「本音でハシゴ酒」のコーナーに出演

した時に、2人は不仲説を否定していました。

四六時中一緒にいたので会話がなくなっ

ていたのは確かにあったそうですが、

夫婦みたいに話さなくても分かる関係

であったと言います。

同級生同士のダウンタウンとは違い、

2人は仕事のパートナーであると言い、

いい感じで適度な距離感があることを

説明していました。

再始動初のワンマンライブがもうじき

始まります。

5年前と変わらない確かな歌唱力で

これからもファンを魅了し続けて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。