桜木紫乃の旦那の職業は?子供や自宅、実家は?ゴールデンボンバー?

スポンサーリンク
女性著名人

直木賞作家の桜木紫乃さんが
2020年10月23日にNHKで
放送される「あさイチ」に
出演します。

 

2013年に直木賞を受賞した
「ホテルローヤル」が映画化され、
波瑠さんの主演で
2020年11月13日に公開。

 

専業主婦からミリオンセラー作家と
なった才能はスポットライトが当たり
続けています。

出典

今回は桜木紫乃さんの経歴や家族、
また以前にゴールデンボンバーの
ファンということも話題となった
ことなどをまとめてみました。
スポンサードリンク

桜木紫乃のwiki経歴は?

桜木紫乃さんのプロフィールです。

出典

【生年月日】
1965年4月19日

【出身地】北海道釧路市

【出身校】北海道釧路東高

【単行本デビュー】
「氷平線」(2007年)

【主な受賞歴】
・オール讀物新人賞(「雪虫」2002年)
・島清恋愛文学賞(「ラブレス」2012年)
・直木賞(「ホテルローヤル」2013年)
・中央公論文芸賞(「家族じまい」2020年)

桜木紫乃さんは中学生の時に
原田康子さんが著したベストセラー
「晩歌」を読み、心を動かされます。

「晩歌」は釧路が舞台。

 

「自分の住んでいるところを舞台に
した
小説はこんなに面白いんだ。
土地の空気を文章で感じることの
面白さに気付いてしまった」

 

高校では文芸クラブに入り、
休み時間にはいつも文庫本を開いて
いる少女だったそうです。

 

卒業後は裁判所のタイピストとして
働き、24歳で結婚。

 

出産、子育てを経て、桜木紫乃さんに
よると
「小説ではなく駄文を書いて
いた」
とのことですが。

 

「北海文学」という同人誌を主宰する
鳥居省三さんに才能を見出されます。

 

そして、オール讀物に投稿した
「雪虫」が同誌の新人賞を受賞して
脚光を浴びると。

 

映画化もされることになった
「ホテルローヤル」が2013年の
直木賞を受賞するなど。

世に送った作品が次々と高い評価を
受けていきます。

 

また、

桜木紫乃さんは金澤伊代の名義で
詩人としても活動していますが。

本名は公表していないようです。
スポンサードリンク

桜木紫乃の旦那の職業は?子供は?

桜木紫乃さんの夫は6歳年上で、
職業は裁判所の書記官をされています。

 

2人の出会いは桜木紫乃さんが22歳の時。

和文タイピストとして裁判所で働いて
いた時で、当時の夫は
「土日はパンツを穿かない男」という
異名を持つほどの超モテモテだったそうで。

 

桜木紫乃さん曰く、顔は坂東玉三郎で
声はジュリー。

100%好みのタイプ。

 

この男をモノにするぞ!と夫が東京赴任に
なった2年間、毎日北海道から
手紙を送っていました。

 

その甲斐実って24歳の時に結婚。

専業主婦となりました。

 

2013年の時点で大学3年の
息子さん、高校1年の娘さん
いることがわかっています。

出典

お子さん2人のその後の情報は
ほとんど上がっていないようですが、
2020年には社会人になっている年齢
ですね。

 

ちなみに娘さんは「夏光」などで
知られる作家の乾ルカさんのファン
だそうで。

 

桜木紫乃さんと乾ルカさんは同じ
北海道出身で、互いに新刊を送り
合ったりするそうですが。

 

娘のためにサインをもらうと、
娘から

「ママが小説を書いていて
本当によかった」

と言われ複雑な気持ちになったとの
こと。

 

また、

桜木紫乃さんと娘さんは、
ビジュアル系エアーバンドの
ゴールデンボンバーのファンで、

これについては後の項目で触れます。

桜木紫乃の自宅は?実家はラブホ?

桜木紫乃さんは現在、北海道の
江別市に在住。

 

旦那様が転勤族だったため、
北海道内の釧路、網走、留萌など
引っ越しを繰り返していましたが。

長男の高校受験を機に腰を落ち着け
ようと。

「すべてに手が届く。
札幌も日帰りで行ける」

と、動きやすさを考慮して江別市に
家を建てたそうです。

 

もともと桜木紫乃さんは釧路市の
生まれですが。

実家は理髪店だったのですが
桜木紫乃さんが16歳の時に
ラブホテルを開業します。

名称は「ホテルローヤル」

 

つまり、実家は映画化される小説
「ホテルローヤル」の題材です。

出典

1億円という莫大な借金をして始めた
事業で、桜木紫乃さんも学校から
帰るとジャージーに着替え、

生暖かさの残る部屋の掃除を手伝って
いたそう。

 

「大人って体を使って遊ぶんだと
思った記憶はずっと残っています」

 

かなり特殊といえる思春期の体験が
創作意欲につながったのでしょうかね。

 

なお実在していた「ホテルローヤル」
現在廃業しているそうです。
スポンサードリンク

桜木紫乃はゴールデンボンバーの大ファン?

桜木紫乃さんはヴィジュアル系
エアーバンドのゴールデンボンバーの
大ファンであることを公言しています。

 

直木賞の受賞会見で桜木紫乃さんは
プラモデルメーカーのタミヤのロゴが
入ったTシャツを着ていましたが。

出典

このシャツはゴールデンボンバーの
ボーカル、鬼龍院翔さんが愛用して
いることで知られていて、

それを意識していたようです。

 

娘さんが先にゴールデンボンバーの
ファンだったことから親しみが沸き。

 

勧められた
「抱きしめてシュヴァルツ」を聞き、
「歌詞にズンと来ちゃった」
とのこと。

 

鬼龍院翔さんを
「平成の山田かまち」
と絶賛するなど、ヴィジュアルだけで
はなく、その世界観に魅了されたよう
ですね。

 

以前、札幌で行われたライブの
チケットを1枚しか入手できず。

その1枚は娘さんに譲らず、
桜木紫乃さんが出向いたこともあった
というくらいハマってしまっている
ようです。

 

2013年には鬼龍院翔さんがMCを
務めるニッポン放送のラジオ番組

「ゴールデンボンバー・鬼龍院翔の
オールナイトニッポン」
に桜木紫乃さんが出演。

対面を果たします。

出典

番組内で鬼龍院翔さんは
「ホテルローヤル」の感想文を
読み上げましたが。

桜木紫乃さんは
「こんなことにエネルギー使って
どうするの?1曲つくってよ」と、

大ファンらしいコメントで、
鬼龍院翔さんをタジタジにさせる
一幕もありました。

 

直木賞作家の息抜きが
ゴールデンボンバーとは。

 

桜木紫乃さんにはギャップ萌えも
感じてしまいます。
スポンサードリンク

さいごに

桜木紫乃さんの創作活動について
本人は

「半径5メートル以内に
ありそうな話を書いている」

ということです。

 

目標も「現状維持」と言ったり。

年1本の長編と短編数本は自らに
課しているようですが、

確実に締め切りを守れる以上の仕事は
約束しないようにしているそうです。

 

「世界中に一人しか読者がいないと
しても、その一人に喜んでもらえれば」

 

売れっ子になれば執筆依頼も多いかと
思いますが、

「基本はのんびり暮らしている」
と、ガツガツ稼ぐことにはあまり
興味はなさそうです。

出典

コロナ禍による自粛生活の影響で
2020年は
「春から100枚単位で原稿が遅れて
いるの。それくらい自粛生活は
メンタルがぐらつく出来事だった」
と言いますが。

 

それでも
「本を読む時間が増え、好きな
作家さんを一人見つけた」

ということですから。

 

新たな刺激に創作意欲に結び付けて
もらい、また面白い作品を生み出して
ほしいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました