水谷豊の元嫁ミッキーマッケンジーの現在と子供は?伊藤蘭と夫婦の仲は?

俳優

こんにちは、かのんです。

 

水谷豊さん主演のドラマの中で、
いちばん好きな作品は?と聞かれたら、

私は断然これ!

「先生のぉ、名前はぁ、北野広大。
こ~だいは、広くて大きいという
意味だぁ~」

の自己紹介シーンが有名な

『熱中時代』。

 

熱血教師モノの金字塔として、
金八先生と肩を並べる名作ドラマ
ですよね。

 

もしかするとリアルタイムでは
なく、

再放送で見ていたのかもしれ
ませんが、

小学生の私は兄と一緒に

「みねこぉ~」って
モノマネもよくしてましたっけ。

 

50代から上の方には

『傷だらけの天使』

のアキラ役も忘れ難いと思いますが、

 

やっぱり最近では『相棒』
杉下右京さんのキャラが
すっかり定着している水谷豊さん。

 

U-30世代の中には、
右京さんを演じる水谷豊さんしか
知らないという方もいるのでは?

 

『相棒』はこれまでシーズン1から
シーズン17までが放送され、

寺脇康文さん

及川光博さん

成宮寛貴さん

反町隆史さん

の4人が右京さんの相棒をつとめました。

 

一方、
水谷豊さんのご家庭での相棒、
つまり奥様といえば誰でしょうか?

 

はい、
女優で元キャンディーズの
伊藤蘭さんですよね。

 

では、
水谷豊さんがバツイチだって
知ってました?

 

私はなんとな~く認識はあったような、
なかったような…。

 

ではでは、
元奥さまがアメリカ人で、
元ハリウッド女優だって知ってました?

 

私はまったく知りませんでした~!

 

そんなわけで今回は、
水谷豊さんの気になる

元相棒=元嫁

のことをあれこれ調べてみました!
スポンサードリンク

水谷豊とミッキーマッケンジーの馴れ初めは?

水谷豊さんが1度目の結婚をしたのは
1982年のこと。

水谷豊さんが30歳の時でした。

 

お相手は、
ドラマ『熱中時代・刑事編』で
共演したミッキー・マッケンジーさん。


出典

 


出典

日本人男子のウケも良さそうな
チャーミングなお顔立ちですね!

 

ちなみに『熱中時代・刑事編』の
オープニングソングといえば、

水谷豊さんご自身が歌った

『カリフォルニア・コネクション』。

出典

“じ~ぐ~ざ~ぐ~ き~ど~った~”
という水谷豊さん独特の歌い回しが
耳に残るこちら。

 

65万枚を売り上げ、
ザ・ベストテンでは4週連続で1位を
獲得したという大ヒット曲です!

 

2008年には
セルフカバーしましたが、

歌声がまったく変わっていない
ことにめちゃめちゃ驚いたものでした。

 

さて、
このドラマでは水谷豊さんが
刑事・早野武を演じ、

ミッキー・マッケンジーさんは
父親に会いに日本へやってきた
アメリカ人女性

ミッキー・フランクリンという
役でした。

 

この二人、
ドラマの中でも結婚する設定
でしたが、

現実でもゴールイン!

 

共演がきっかけで熱愛、そして
結婚へと発展する芸能人カップルは
たくさんいらっしゃいますが、

国際結婚となると、また話は別。

 

とてつもなく高いハードルだったと
思いますが、

それを飛び越えたということは
よっぽどの熱愛だったんでしょうね~。
スポンサードリンク

水谷豊とミッキーマッケンジーの離婚理由は?

『熱中時代・刑事編』で
共演したのが1979年、

そして1982年に結婚した
水谷豊さんと
ミッキー・マッケンジーさんですが、

結婚生活は長くは続きませんでした…。

 

1986年、わずか4年で離婚

 

離婚の理由について、
当時は「性格の不一致」
伝えられたそうです。

 

この当時の水谷豊さんは、次々に
大ヒットドラマの主演をつとめ、
ノリにのっていた頃。

 

片やミッキー・マッケンジーさんは、
言葉も不自由で

家族とも友達とも遠く離れた
ニッポンという異国での慣れない生活。

 

相当の孤独感だったろうと思うのです。

 

さらに、後年になって
ミッキー・マッケンジーさんが
出版した自叙伝によると、

実は彼女、4年の結婚生活の間に
流産をしていたそうなんです…。

 

これもまた、
私には想像もつかないほどの
辛い体験だったことでしょう…。

 

おそらく水谷豊さんと
ミッキー・マッケンジーさんとの
間には、

とてもとても複雑な気持ちの
行き違いやぶつかり合いがあったと
思います。

 

「性格の不一致」なんて
単純なことではないけれど、

それでもやっぱり何かが
一致しなかったから、

離婚という結果になってしまったん
でしょうね…。

ミッキーマッケンジーの現在は再婚して子供が2人!

水谷豊さんとわずか4年で結婚生活に
ピリオドを打った
ミッキー・マッケンジーさん。

 

アメリカに戻ると、
なんとプロゴルファーに転身!

 

しかもその後、
大好きな日本で仕事をしたいと
再来日し、

埼玉県でゴルフインストラクター
として活躍していたそうです。

 

なんとも意外過ぎる展開ですね!

 

そして1993年、
同じく日本でレッスンプロをしていた
アメリカ人の

タッド・ハワードさんと再婚。

 

2人の幼い双子を養子として迎え、
現在はアメリカで暮らしている
そうです。


出典

日本での結婚にはいろいろな苦難が
あったかもしれませんが、

ミッキー・マッケンジーさんが
その後も日本を気に入ってくれて
いたことも嬉しいですし、

何より幸せな日々を送られている
ようで本当に良かったです!
スポンサードリンク

水谷豊と伊藤蘭の馴れ初めは?

水谷豊さんの現在の奥さまの
伊藤蘭さんといえば、

70年代にキャンディーズの
ランちゃんとして一世を風靡した
スーパーアイドル。

 


出典

 

実は水谷豊さんも、蘭ちゃんの
大ファンだったそう。

 

ええ、
めっちゃかわいいですもんね!

 

水谷豊さんと伊藤蘭さんが
初共演したのは、

1982年のドラマ『あんちゃん』
でした。

 

実はこの時点ですでにお二人には
熱愛の噂があったそうで、

さらに、翌年のドラマ
『事件記者チャボ!』では、

水谷豊さんのご指名により
相手役として再び共演。

 

これで決定的!

とばかり、マスコミは熱愛ぶりを
報じるようになったそうです。

 

しかし考えてみてください。

 

初共演した1982年といえば、
水谷豊さんは

ミッキー・マッケンジーさんと
結婚したまさにその年。

 

伊藤蘭さんを相手役に指名した翌年も、
まだ新婚ホヤホヤということになります。

 

こうしたことから、
当時は“略奪不倫”なんていう
バッシングもあったとか…。

 

水谷豊さんが、俳優という仕事に
対してストイックであることは
知られた話。

 

そんな水谷豊さんが相手役として
誰かを指名するというのは、

少なくとも「好き」という感情だけの
レベルではないんじゃないかと
私は思うのです。

 

作品のこと、

お芝居のこと、

役柄とのマッチング、

すべてを総合的に判断して

“この役者しかいない”

という人が伊藤蘭さんだったん
じゃないかなあ。

 

そんな役者としての尊敬が、
やがて愛に変わっていったとしても
不思議ではないですよね。

 

1989年、初共演から8年後に
お二人は結婚式を挙げました。

 

それから30年。

お互いの愛情、そして役者としての
尊敬の気持ちに、変化はあったので
しょうか?
スポンサードリンク

水谷豊と伊藤蘭の仲がいいのは本当?

芸能界きってのおしどり夫婦
と言われている

水谷豊さんと伊藤蘭さん。

 


出典

本当にお二人は仲が良いのでしょうか?

 

水谷豊さんは結婚30年経った今も、
奥さまのことを「蘭さん」
呼んでいるそう。

 

トーク番組に夫婦そろってゲスト出演
したときも、

確かに奥さまの話をするときは

「蘭さんは…」と言っていらっしゃいます。

 

というのも、キャンディーズの
ランちゃんの大ファンだった
水谷豊さんにとって奥さまは

常に大スターのランちゃん
のまま。

 

結婚当初から、
おそれ多くてとても「ランちゃん」
とは呼べなかったそうです。

 

また、女優としての奥さまを
非常にリスペクトしていて、

伊藤蘭さんいわく、

“夫に演技を褒められることが多い”

とか。

 

その伊藤蘭さんも、
2016年の映画『少年H』で

29年ぶりに水谷豊さんと共演した
ことについて、

テレビでこんなふうに話して
いらっしゃいました。

 

結婚した時、もちろん結婚は嬉しかったけど、

もう水谷さんという俳優と共演することはないと思うととても残念だった。

それがもう一度共同作業できることがとても嬉しい

 

ひとつ屋根の下で暮らしていると、
相手への尊敬や感謝の気持ちが
目減りしてゆくのは

仕方のないものだと思っていま
せんでした?
(私は思ってました!)

 

こんなふうにいつまでも
尊敬し合えるご夫婦、
ステキ過ぎますね~!

 

さいごに

ほとんど夫婦げんかをしたことがない
という水谷豊さんと伊藤蘭さんご夫妻。

 

“芸能界きってのおしどり夫婦”

の呼び声に偽りはないようです!

 


出典

 

ドラマ『相棒』では4代にわたって
右京さんの横にいる相棒が交代して
きましたが、

水谷豊さんの横にいるパートナーは、
これからもずっと伊藤蘭さんだけですね!

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました