林家たい平の嫁が恐妻家はネタ?子供は何人?長男が弟子?

芸人

こんにちは、くるみです。

 

林家たい平は「笑点」でもお馴染み、
愛されキャラの人気落語家です。

 

「笑点」の中でも分かるように、
武蔵野美術大学出身だけあって絵も
上手、歌も上手、物まねも上手、

本業の落語家以外にもマルチな才能を
発揮して活躍しているのは周知の如く
でしょう。

 

気になるのは「笑点」の中で嫁が
恐妻家であるようなお話が再々出て
きますが、
本当なのか、ネタなのかということ。

 

お笑いをしている人の場合、よく分か
らないのが正直なところです。

 

そこで今回は、林家たい平の嫁や子供
を中心にご紹介してまいります。
スポンサードリンク

林家たい平の嫁は元フリーアナウンサーだった!

林家たい平の嫁は田鹿千華(たじかちか)
と言い、
宮城県仙台市出身の1965年1月30日
生まれです。

 

大学卒業後、リクルートホールディン
グスに入社しましたが、退社して
フリーのアナウンサーとなっています。

 

NHK-BSの初代スポーツキャスターを
務めました。

出典

その後大橋巨泉事務所に所属し芸能活動
を続けましたが、

結局のところ活動期間は短く1993年
から1996年となっています。

 

1996年に落語家である林家たい平と
結婚して以降、主婦業と落語家の
おかみさんとして専念したのです。

 

現在はたい平事務所の代表をしてい
ます。

林家たい平の嫁が恐妻家って本当!?それともネタ?

「笑点」の大喜利で必ずと言って良い
ほど出てくるのが、
嫁千華の恐妻家ぶりでしょう。

 

亡き歌丸師匠も恐妻家として有名
でしたが上回るのではないかと言われて
います。

 

実際どうなのかが気になりませんか?

 

公式ブログ「千華のおかみさん日記」
から見る林家たい平の嫁は、

事務所代表として経営に携わりながら
着物の会やいけばなの会も主催して
いる才女というイメージ。

 

多彩な林家たい平を支えるおかみさん
もやはりマルチでないと務まらない
でしょう。

 

その点、芸能界での経験もあります
からタレント性も見え隠れする印象を
持ちました。

出典

「恐妻家」イコール「出来る女」
定義が思い浮かびます。

 

最初は林家こん平の代理として「笑点」
入りし、

レギュラーとなって一躍知名度が上が
りました。

 

▼林家こん平の病気や娘は?▼

 

落語家としてだけでなく、いくつもの
才能を発揮する夫を支える嫁として、

林家たい平も頼りにしつつ頭が上がら
ないのは仕方ないかも知れません。

 

林家たい平の嫁からすると恐妻ネタは
公認となっているようですし、

夫婦・家族+猫と仲が良いことはブログ
を見れば一目瞭然です。

 

気になる方は、おかみさん日記を是非
ご覧になってその目で確かめて下さい。

スポンサードリンク

林家たい平には子供が何人いるの?

何度も登場するブログから、
林家たい平には3人の子供がいる
ことが分かりました。

 

下記の写真は今から15年前に撮った
子どもの日での一コマ。

 

と言うことは、二男一女で長男、長女、
次男の順と、子育てはてんやわんやの
てんてこ舞いだったとも書かれて
いました。

出典

では一人ずつ調べてみました。

 

2012年1月15日の次男の誕生日で9歳と
あるので、現在は17歳高校3年でしょ
うか。

 

2012年12月22日に14歳の娘の誕生日、
長女は現在22歳ということになり、

大学のダンスサークルを夫婦で観に
行った様子もあったので、大学生か
今年卒業したかも知れません。

 

2012年1月5日は長男の誕生日、
15歳となっていたので現在は23歳
なります。

 

2020年3月には母親と高尾山を登っ
たようで、すっかり成長している姿は
どことなく父親に似ていませんか?

 

やっぱり円満家族で、5人家族の仲の
良さがブログを見ていくと伝わって
きます。

出典

林家たい平の弟子何人いる?長男が弟子!?

林家たい平師匠には何人の弟子がいるのかと
思ったら、今のところ二人のようです。

 

ずっと弟子は取っていませんでしたが、
2010年10月に三味線漫談家の正木あずみ
が弟子入りし
高座名林家あずみが一番弟子となって
います。

出典

そして、何と長男の咲太朗が
2019年6月に二番弟子として入門
しました。

 

高座名は林家さく平です。

 

父親と同じ道を歩むこととなった訳で、
自身のツイッターに落語をしている
画像がありました。

 

既にさまになっていて、親子落語会も
そう遠くはないでしょう。

スポンサードリンク

さいごに

林家たい平の嫁ブログが中心となって
お届けしてまいりました。

 

テレビで見る林家たい平しか知らな
かったですし、

嫁の顔も知らずに真に受けていたと
反省。

 

今回のブログで家族の仲の良さや嫁の
優しさ、内助の功を知ることが出来て、

林家たい平に対しても嫁に対しても
見る目が変わりました。

 

長男の落語会での活躍も応援しますし、
林家たい平の益々の活躍に期待が
大きく膨らみます。

 

そしてそこには支える嫁の存在を
忘れてはならないと強く思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました