園まりの夫は平尾昌晃?現在は老人ホームで!?ヒット曲に「夢は夜ひらく」も!

スポンサーリンク
歌手

こんにちは、くるみです。

 

園まりと聞いて印象的なのは、
ムード歌謡と言われる独特の歌い方
ではないでしょうか。

 

「逢いたくて逢いたくて」や
「愛は惜しみなく」など数々の
ヒット曲があり、
園まり節とも呼ばれ親しまれました。

 

 

また、1960年代の中尾ミエ、
伊東ゆかりとのスパーク三人娘
人気は相当なもので、

映画にドラマにバラエティ番組にと
引っ張りダコでした。

 

バラエティ番組の金字塔を打ち
立てた「シャボン玉ホリデー」にも
出演していたのです。

 

さて今回は、園まりにターゲットを
絞ってヒット曲から現在の様子まで
紹介していきましょう。

スポンサードリンク

園まりの夫は平尾昌晃だった!?

園まりが歌の好きな女の子だったこと
が分かるのは、児童合唱団に入団して
いたこと。

 

そして1956年には、
本名の薗部毬子の名前で童謡歌手
デビュー
を果たしていました。

 

この時から芸能界に仲間入りして
いた訳です。

 

 

さて、2006年の45周年記念ライブを
開催した際に園まりは
もう時効だからと平尾昌晃との恋話
しています。

 

平尾昌晃との噂があったのは事実で、
その真相を本人の口から告白という
形となりました。

出典

園まりと平尾昌晃は20代前半の頃に
お付き合いをしていたとのことで、

お互い若かったから一緒には
なれなかったと語っています。

 

そして、素敵なパートナーと出会う
夢は捨ててないと話していたので、
結婚はしていないということ。

 

園まりに結婚歴はありませんでした。

園まりが小松政夫とデュエット曲をリリースしていた!

2016年に小松政夫が芸能生活50周年
を迎えた記念として、
最初で最後のCDデューをしました。

 

この曲は園まりの大ヒット曲
「逢いたくて逢いたくて」のカップ
リング曲だった「あんたなんか」の
リメイクバージョンです。

 

当時、オリジナルの「あんたなんか」
は植木等と園まりとのデュエットでした。

 

今回50周年の節目に植木等を師匠と
する小松政夫が、園まりと
デュエット
の運びとなった訳です。

出典

レコーディングでの話が掲載されて
いる記事を見ますと、

小松政夫の歌声は植木等が乗り移った
かのようだったと言わしめたほどの
出来栄えだったとのこと。

スポンサードリンク

園まりの現在は?老人ホームにいるの?

園まり、現在で検索すると
老人ホームと出てきたので、

もしかして園まりは老人ホームに
入居しているのかと思いましたが、

園まりが歌手として老人ホームを
訪れてボランティア活動を行っている
という情報でした。

 

老人ホームの入居者であるお年寄りは
1960年代当時青春ど真ん中の方々
ばかりのはずなので、

懐かしのスパーク三人娘である
園まりが馴染みのあるヒット曲の
数々を目の前で歌ってくれることは
夢のようなお話ではないでしょうか。


出典

老人ホームでのボランティア活動は、
ソロや三人娘のコンサート活動などの
音楽活動と同時進行して行われています。

 

ご自分も高齢者の仲間入りをされた
園まりですが、
忙しく意欲的に駆け回っているようです。

 

健康面はと気になり調べると、
園まりは2008年1月に乳がん摘出
手術を受けています。

 

初期の乳がんと言うことで、
完全に克服出来たことを2009年の
「徹子の部屋」で告白。

 

早期発見早期治療の大切さを
「徹子の部屋」の中で園まりも
声を大にして訴えていました。


出典

園まりは2019年にもスパーク三人娘
の伊東ゆかりと一緒に「徹子の部屋」
に出演を果たしています。

 

園まりの現在の美しさが健康である
証しでしょう。

園まりのヒット曲には何がある!?

それではここで、園まりがリリース
した楽曲について紹介します。

 

園まりのレコードデビュー曲は
「鍛冶屋のルンバ」

 

昔の歌手の方々の1年でのレコード発売
枚数は驚異的なものがあったと
言われていますが、

園まりも1960年代1年に4枚以上発売
されていて、
多い年は7枚にも上っていました。

 

どうしてもヒット曲だけに集中
しますが、
園まりは相当数のレコードを発売して
いることが分かったのです。

 

その中でのヒット曲は、1964年の
「何も云わないで」が歌謡曲として
の初ヒット曲となり、
NHKきょうのうたで放送されています。

園まりの代表曲と言えるのが1966年の
「逢いたくて逢いたくて」
同年「夢は夜ひらく」、
1967年「愛は惜しみなく」と続きます。

 

同じ曲を数人の歌手が歌うことも多く
ありましたが、「夢は夜ひらく」
藤圭子の曲として有名になりました。

 

園まりも歌っていたのは驚きです。

スポンサードリンク

さいごに

仲間がいるというのは幸せなことで、
園まりにとって長年の仲間である
スパーク三人娘の存在は大きいと
言えるでしょう。

 

1990年代に園まりは一時期姿を全く
見せなかったことがありましたが、
2001年から芸能活動を再開して今に
至ります。

 

2020年の園まりのスケジュールを
見てみると、各文化会館、市民会館
などで月8ヶ所コンサートを開催。

 

2019年は地上波やBSでのテレビ歌謡曲
番組に出演もしていました。

 

2020年も大忙しとなる園まり。

 

体調にはくれぐれも気を付けて、
足を運ばれる方々にステキな歌声と
笑顔を届けて頂きたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました