峰竜太はなぜ金持ち?収入源や年収は?ファッションもおしゃれ?イタリア愛?

リンク広告




こんにちは。
有名人大好きのサバ夫です。

恐妻キャラで
長く人気を誇ってきた
峰竜太さん。


出典

豪邸に住み、服装もおしゃれ。

金持ち感はハンパないですが、
峰竜太さんはどうして
そんなにお金があるのか。

不思議に思っている人たちも
いるようです。

まあ、サバ夫世代からすると
現在は廃止されている
「長者番付」があった時代、

峰竜太さんは芸能人部門の
上位常連でしたし、
納得する部分はありますけどね。

峰竜太さんの懐具合を
探ってみたいと思います。
スポンサードリンク

峰竜太は金持ち?自宅が豪邸!

峰竜太さんの自宅は
東京都の神楽坂。

推定5億円という豪邸で
バラエティー番組でも
何度も紹介されてきました。


出典

巨大キノコのような
外観にまず圧倒されますが
中もすごい!

海老名美どりさんが
「海外に行かなくても
家でリゾート気分を
味わいたい」

という希望があり
2階には約15メートルのプールを
造っています。

同じく2階には
幅3メートル、高さ1メートル
という海水水槽で熱帯魚を飼育。

さらにトレーニングルームも
あって、屋上は一面芝生。

ちなみに建物は
3階建てでエレベーターで移動
しているようで。

愛車はベントレーなど

高級外車ばかり5台。

もう、うらやましいとか
そういう次元を超えてますね…。

出典

プールの水を1回1回
変えるのは費用がかさむので

浄化装置を導入して
コストを削減しているとか。

そういう問題じゃ…。

庶民にとってはそういう問題じゃ
ないのですけど…。
スポンサードリンク

峰竜太はファッションもおしゃれ?イタリア愛?

峰竜太さんはおしゃれの面でも
芸能界1、2と言われてきました。

確かにいつもダンディーに
キメてますものね。


出典

年1回はイタリアに
買い物旅行をするそうで。

「リベラーノ&リベラーノ」
「ステファノ・ベーメル」
「マンテラッシ」
「ラルディーニ」

何ですか?これは。

食べる物では
ないようですけど…

服や靴のブランド、
でいいのかな?

とにかく観光地には目もくれず、
お気に入りの店を
巡っているそうです。

インタビューによると
出身の長野県下條村から
東京に出てきた当初、

田舎者というコンプレックスが
あり、
ファッションを意識し出したとの
こと。


出典

また峰竜太さんは元々
モデル出身ですからね。

おしゃれに対しては意識が
強まったのは必然なのでしょう。

それにしても…。
サバ夫は持っている服の中で
一番高価なのは喪服なので。

身に付けるもののために
わざわざ海外へなんて。
ホント、次元が違い過ぎです。
スポンサードリンク

峰竜太はなぜ金持ち?

峰竜太さんはなぜそんなに
お金が続くのか。

大活躍していた頃のデータを
見てみます。

昔は高額納税者の名前が公表
されていた時代があり、

峰竜太さんは芸能人の俳優、
タレント部門で上位の常連でした。

峰竜太さんが初めて
ランキング入りした
1996年以降の納税額です。

1996年 14位 5339万円
1997年 8位 9441万円
1998年 圏外
1999年 圏外
2000年 14位 7765万円
2001年 13位 7887万円
2002年 12位 7507万円
2003年 10位 8376万円
2004年 14位 7828万円

念を押しておきますが
所得ではなく納税額です…。

所得はほとんど億に到達、
ということですよね。


出典

峰竜太さんは1996年から
日本テレビ系の
「峰竜太のホンの昼メシ前」

そして2002年からは
「ザ!情報ツウ」
と帯番組の司会を担当。

この頃から収入が跳ね上がった
ようですね。

高額納税者の公表は
2005年分から廃止されましたが、

峰竜太さんのその後の活躍ぶりを
見ても、

この水準はしばらく保っていたと
思われます。

峰竜太さんの実家は
酒屋さんですが自身は下戸。

例えば銀座で連日連夜
豪遊するようなタイプ
ではなさそう。

また、
前に記事で触れましたけど
峰竜太さんは1982年に
浮気騒動を起こしています。

それ以降は妻の海老名美どりさんに
いろいろ管理されていた
みたいですし、

豪遊したり散財したくても
できなかったのでは?

年に1回のイタリア旅行が
唯一のストレス発散とすれば。

お金はたまる一方だった
のではないかと想像できます。
スポンサードリンク

峰竜太の収入源や年収は?

峰竜太さんは現在、
TBS系の「アッコにおまかせ」

テレビ東京系の
「出没!アド街ック天国」
などにレギュラー出演。


出典

また、ローカル局では
中日ドラゴンズの応援番組
などにも出ています。

納税額が公表されない今は
峰竜太さんの現在の年収は
推測するのも難しいですけど。

バラエティー番組などの
出演料は1本10~50万円などと
言われますが

峰竜太さんは最高クラスか
それに準じる位置でしょうし。

それを掛け算して、さらに単発での
出演、

また企業のキャラクター料なども
合わせて推測すると。

少なく見積もって

5、6000万円?

いや、やっぱり
億に届いてるかも…
というレベルです。

また峰竜太さんは
2000年に石原プロから
独立して個人事務所で活動。

故郷をカバーする
中部、東海地方のローカル番組にも
熱心ですが。

そちらはキー局と比べて
当然ギャラは下がるでしょうけど

個人事務所なので、取り分が全部
自分ですし、

仕事を受けやすいんじゃないかな。

いろいろ強みのある峰竜太さん
なので、豪邸の維持費も
心配はないと思われます。

さいごに

視聴者に
「峰竜太って、どうして
そんなに金持ちなの?」
と思わせるのも

峰竜太さんの能力かな
というのがサバ夫の印象です。

俳優にしてもタレントにしても
司会業にしても。

その道のトップではなく、
常に2、3番手の位置で
立ち回ってきたことが

長く稼いできた秘訣なのでは
ないかと。


出典

ローカル局を大切にしている
姿勢もあり、

制作者やクライアントは気軽に
仕事を頼みやすいと思います。

知名度も最高水準の大ベテラン
なのに、率先してトークも
盛り上げてくれますしね。

いわゆるコスパの面でも
最高水準なのではないでしょうか。

芸能界に限らず、一般社会の
立ち回り方としても、

峰竜太さんには勉強させられる
ものがありそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
リンク広告




関連コンテンツ



スポンサーリンク
サイドバー

スポンサードリンク



サイドバー

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする