瀬戸内寂聴の秘書、瀬尾まなほの経歴や学歴、結婚は?遺産の噂って?

こんにちは 😉

レクです。

瀬戸内寂聴さんの秘書をされている
瀬尾まなほさん。

瀬尾まなほさんは
弟子ではなく秘書さんです。

お一人、超個性的なお弟子さんが
いらっしゃいますが、

その方とはまた立場が違う
みたいですね。

瀬戸内寂聴の弟子、小林陽子の移住コーディネーターとは?経歴や夫、子供は?【深イイ

最近メディアに出る機会が増えて
きて、見た目の美しさから
「あの美人は誰?モデル出身?」
などと注目を集めています。

年齢が若いので、最初私もお孫さん?
かと思っていました。

瀬戸内寂聴さんは、最初の結婚の時に
不倫で置いてきた当時3歳の娘さんが
いらっしゃいます。

現在娘さんは70代くらい?

なので、お孫さん?と思って
しまった訳ですが、それは違い
ましたね。

ところで、秘書と言えば資格が必要
だと思いますが、瀬尾まほなさんの
場合は一般企業の「秘書」とは違い
「マネージャー」的な役割を
担っているようなんですね。

ですので、
多分資格とかは必要ないタイプの秘書
かと思います。

今回は謎の美女、瀬尾まほなさんの
経歴や、秘書になったきっかけに
ついて調べてみようと思います。

そして瀬尾まなほさんは、
瀬戸内寂聴さんの遺産目当て?
だどという噂もあったりして・・・

そんなドラマみたいな話
ありえるんでしょうかね?

まずは瀬尾まなほさんのプロフィール
から見てみたいと思います。

スポンサードリンク

瀬戸内寂聴さんの秘書、瀬尾まなほさんのプロフィール

出典

生年月日:1988年2月22日(今年で30歳)

出身地:兵庫県神戸市東灘区

出身大学:京都外国語大学 英米語学施工

瀬戸内寂聴さんは現在、95歳です
から瀬尾さんとの66歳も離れている
んですね!!

お父さんの仕事の都合上、出石町
(現在:豊岡市)や朝来市で育ちます。

中学時代にいじめにあった経験が
あるそうで、そんな瀬尾まなほさん
の転機となったのは、中学時代に
行ったアメリカへの交換留学でした。

高校ではカナダに留学し、高校卒業後は
京都外国語大学に進学します。

大学では、自分のやりたいことを
探すために1年間休学し2011年に
大学を卒業しています。

瀬尾まなほさんは2歳年上のお姉さん
と7歳年下の妹さんがいます。

三人姉妹なんですね。

それにしても、中学高校と留学する
なんて、もしかしてお金持ちのお嬢様
なんですかね?

妹さんは自分の声を生かし仕事にして
いるとの情報もありました。

詳細は不明ですが、歌手とか声優とか?

瀬尾まほなさんが瀬戸内寂聴さんの秘書になった経緯

瀬尾さんは、外国語大学卒業後、
京都のお茶屋さんでアルバイトを
始めます。

その時の友人から、瀬戸内寂聴さんの
身の回りのお世話やマネージメントを
する秘書の募集があると紹介されました。

面接で初めて顔を合わせた時の寂聴
さんの印象は思ったより小柄で、
とてもかわいらしい人。
打ち解けやすい方だなあと思ったそう
です。

寂聴さんの方も瀬尾さんに対して
かわいい人だけど、ちょっと変わってる
と思ったとか。

というのは、実は瀬尾さん、寂聴さんの
名前と尼さんっていう事しか知らず
小説家だというのは知らなかったんだとか。

寂聴さんに「私の本を読んだことある?」
と聞かれて「ない」と即答した瀬尾さん。

ところが、文学少女ではなかったのが
採用の決め手でした。

文学少女というのは、身の回りを頼む
秘書としては掃除も、料理も下手なので
一番駄目なんだそうですよ。

こうして瀬尾まなほさんは「寂庵」
に就職することになりました。

当初は、スタッフは6名在籍して
いたんだとか。

ところが、長年勤めていたスタッフ
が全員が退職し、瀬尾さんは寂聴
さん の秘書に就任します。

スポンサードリンク

瀬尾まなほさんに彼氏は?結婚しているの?

以前観たテレビのインタビューで、
寂聴さんは、瀬尾さんの結婚式に
参列するのが夢だと語っていました。

瀬尾さんも「結婚式には絶対参加
してね」と寂聴さんに言っていて、
遠まわしに「長生きしてね」と
言っているように聞こえましたね。

ですので、瀬尾さんはまだご結婚は
されていませんね。

彼氏の方も大学生時代いたようなですが、
別れてしまいその後はいないようです。

なんでも瀬尾さんは好きになる
スイッチが入りにくいのだとか。

今は瀬戸内寂聴さんとの日常が充実して
そうなので、彼氏も結婚も当分先な
ような感じがしました。

★超個性的なお弟子さんについてはこちら

瀬戸内寂聴の弟子、小林陽子の移住コーディネーターとは?経歴や夫、子供は?【深イイ

→次のページは「瀬尾まほなさんと遺産とは?」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする