魔夜峰央の嫁のバレエ教室はどこ?息子と娘がスゴイ!パタリロが実写化?

リンク広告




「だ~れが殺したクックロ~ビン♪」

出典

こんにちは、有名人大好きの
サバ夫です。

今年66歳になった
漫画家の魔夜峰央さんに
また追い風が吹いています。

現在、話題の「翔んで埼玉」。
1986年に魔夜峰央さんが
描いたものですが復刻版がヒット。

2019年に映画化されました。


出典

そして代表作の「パタリロ」

1978年のスタートから
今も連載が続いていて、

2019年6月28日には
映画版の公開が控えています。

「パタリロ」にはサバ夫も
個人的な思い入れがあるのですが…。

魔夜峰央さんは妻も2人の子供も
知る人ぞ知る、という存在。

そちらにも興味が沸くので
今回は魔夜峰央さんの
家族を中心に調べを進めて
いこうと思います。
スポンサードリンク

魔夜峰央の嫁はバレリーナ!バレエ教室の場所はどこ?

魔夜峰央さんの妻の
山田芳実さんは、なんと
バレリーナです。


出典

日本バレエ協会、
神奈川芸術舞踏協会に所属し、
数々の舞台でソリストとして活躍。

現在は横浜市中区仲尾台に
「山手バレエハウス」を開設。
後進の指導にも当たっています。


所在地:神奈川県横浜市中区仲尾台83−8
電話: 045-624-0866

JR山手駅から徒歩5分というのも
通いやすくていいですね。

さて、漫画家とバレリーナ。

全く接点がないように思えますが、
魔夜峰央さんと山田芳実さんの
出会いとはどんな形だったんで
しょうか?

異業種のお二人ですし夫婦仲も
気になる所です。

魔夜峰央の嫁との馴初めは?仲は?

魔夜峰央さんと山田芳実さんは
ファンイベントで知り合ったそう。

当時、魔夜峰央さんは27歳で
山田芳実さんは18歳。

「パタリロ」の登場人物、
バンコラン(27歳)
マライヒ(18歳)
同じ年齢の時。


出典

サバ夫を含めパタリロ読者なら
「すげぇ運命!」
と思うわけであります。

まあ、
ファンに手を付けたわけか…
というのは置いといて。

でも売れっ子漫画家は
一日中仕事場にこもる
生活でしょうから。

出会いのチャンスも
限られていそうですしね。

2011年あたりから
魔夜峰央さんは

単行本の売れ行きが伸び悩み
税金を滞納するほど
追い込まれたといいます。

奥さんの稼ぎにも
助けられてきましたが、
自宅を手放す話も出たそう。

そこに「翔んで埼玉」の再評価。
苦境脱出に成功しました。

浮き沈みの激しい生活が
想像できますけど、

「ケンカは
一度もしたことがない」

「夫婦仲は日本一」

と魔夜峰央さんは言います。

苦しい時もお互いに
信頼しあうことで
乗り切ってきたのでしょうか。

ちなみにサバ夫も夫婦ゲンカは
一度もありません。

妻の言い分が正論すぎて
言い返せないだけですけどね…。
スポンサードリンク

魔夜峰央の息子もバレエって?

魔夜峰央さんと山田芳実さんは
1男1女に恵まれました。

長男の山田眞央さんも
母の背中を追って現在は
バレエダンサーとして活動して
います。

玉川大芸術学部を卒業。

2013年に東京バレエ団に入り、
「ザ・カブキ」のソリストを
務めるなど、

国内外で数多くの舞台を踏んでいます。


出典

山田眞央さんは
ツイッターを開設していますが。

「魔夜峰央の息子です」

おおーっ!

いわゆる「二世」が
芸能活動する時、

先入観を持たれないよう
公表を控えるパターンも
多いですけど。

山田眞央さんのように
自ら進んでアピールする人。

サバ夫は好きだなぁ…。

一つは親の仕事を誇りに思って
いるであろうこと。

そしてもう一つ、

自分を覚えてもらえるなら
手段は選ばない、という
プロ根性も感じるからです。

うん。オジサンは
山田クンを応援するよ。

魔夜峰央の娘も漫画家って?

魔夜峰央さんの長女、
山田眞里江さんもバレリーナ
として活動していますけど。


出典

「山田マリエ」名義で
漫画家としての顔もあります。

著書を見つけましたが…
なに~~~!!

「魔夜の娘は
お腐り申しあげて」。

二世であることを
漫画にしちゃってる。

すごいぞ。

娘もハンパないプロ根性だ。

絵のタッチや話の展開も父親への
リスペクトが色濃く出ている感じです。

魔夜峰央さんは
山田マリエさんの著作は
読まないようにしているそう。

厳しい目で見てしまうから、
という理由とのことですが。

もちろん、売れっ子になるのは
ほんの一握りという世界だし、
親としての心配もあるでしょう。

でも、
自分の歩んだ道を付いてきて
くれるなんて、

うれしい気持ちはあるんじゃ
ないのかなあ。

うん。オジサンは
マリエちゃんを応援するよ。
スポンサードリンク

パタリロが実写化!

魔夜峰央さんの人気作
「パタリロ」は40年以上
連載が続いており、

2018年11月にはコミックスが
100巻に到達しました。

2019年6月28日に
映画版が全国公開されます。

パタリロ役は舞台版と同じ
加藤諒さんですけど。


出典

ピッタリだな…。

「パタリロ」は「花とゆめ」という
少女漫画誌で連載がスタートして
います。

その後、アニメ化されて
広く浸透しましたが、

当初は男子が「パタリロ」を
知る機会は少なかったように
思います。

サバ夫の場合は中学生の時、
クラスメートの女の子が
「面白い漫画がある。
男子でも読めるよ」

と単行本を借してくれたので
早くから「パタリロ」と
出会っていましたが。

「だ~れが殺したクックロ~ビン♪」

これは「パタリロ」で
主人公が踊りながら歌うフレーズ。

アニメでは「クックロビン音頭」と
してメロディーが付けられ、
エンディングテーマともなりました。

あれから40年。

掲載雑誌は変わっていますが
今も連載が続いているなんて
すごいことだ…。

ちなみに10数年前。
中学の同窓会に出席したサバ夫は
衝撃の事実を知りました。

「パタリロ」を借してくれた
女の子は結婚して遠隔地に
住んでおり出席していませんでしたが。

仲が良かった子によると。

「パタリロ」を借してくれた
女の子はサバ夫のことが
好きだったそうです。

言ってよ~~~ん。

サバ夫は小さな頃から
ブサイクを自覚していたので、

女の子が相手にしてくれるわけが
ないとずっと思って生きてきたし。

サバ夫の人生は
彼女いない歴20数年を経て
ようやく、妻と出会うことに
なるわけですが。

あの時、気づいていれば
リア充の10代を過ごせたかも。

性格も曲がらず済んだかも。

「だ~れが殺したクッ…」。


出典

この本です…。

借りたのはこの本です…。

「パタリロ」の面白さを
もっと説明したかったけど、

ご存じない方は単行本をお読みください。

投げやりですいません。

甘酸っぱさで
苦しくなってきたもので…。

さいごに

魔夜峰央さんは2019年2月に
初の絵本「けい君とぼく」
発表しました。

幼稚園に通う男の子が
カッコイイ男の子に恋心を抱きます。

魔夜峰央さんはBL
(ボーイズラブ)の世界を
「パタリロ」でも表現していました。

先ほど「マライヒ」という
登場人物がいることに
触れていますが。

見た目は超美少女ですけど男性。

当時中学生だったサバ夫にとって
「マライヒ」のキャラは

とりわけ理解が難しく。

後で実は女性だった、
ということになるのだろう、

と思っていたのですが、
無知な中学生の考えは全く的が
外れていました。

魔夜峰央さんは
「絵本で真面目に
BLをやっています」と、

難しいテーマを
「けい君とぼく」で表現。
世の中に問いかけています。

直視しづらいことにスポットを
当てるのは勇気がいることですし。

魔夜峰央さんの創作意欲は
とどまる気配がありませんね。

「パタリロ」の今後の目標も

「200巻。
あと40年待ってください」

としています。

サバ夫にとっても
思い入れのある「パタリロ」。

200巻といわずに
目標を上方修正するくらい
続けてもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
リンク広告




関連コンテンツ



スポンサーリンク
サイドバー

スポンサードリンク



サイドバー

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする