梶芽衣子が現在も結婚せず独身なのは婚約者のDVも原因?タランティーノとの関係は?

こんにちは 🙂

レクです。

6月26日放送の『徹子の部屋』
女優の梶芽衣子さんが出演されます。

60歳代以上の方なら梶芽衣子さんと
言えば「女囚さそり」

そして、
大ヒットした主題歌『怨み節』
思い出されたのではないでしょうか?

私的には「鬼平犯科帳」シリーズの
おまさ役の方が印象が強いですが。

梶芽衣子さんは現在結婚せず
独身を貫いていますが、

それにはある理由があった
そうです。

今回は・・・

■梶芽衣子さんが現在も結婚せず
独身なのは?
婚約者のDVも原因なの?

■梶芽衣子さんと
タランティーノ監督の関係って?

■梶芽衣子さんの宝物。
山田五十鈴さんと小林桂樹さんとの
思い出とは?

について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

梶芽衣子さんのwiki的プロフィールと経歴は?


出典

【本名】太田 雅子(おおた まさこ)

【生年月日】1947年3月24日

【年齢】71歳(2018年6月現在)

【出身地】東京都千代田区

【血液型】AB型

【身長】163cm

【きょうだい】妹、弟

梶芽衣子さんは現在71歳ですが
70を超えているとは思えないほど
美しさは健在です。

高校在学中に銀座でスカウトされ、
卒業と同時に日活に入社し、

同年に映画『悲しき別れの歌』で
本名の太田雅子でデビューを飾ります。

その当時の映画界はとても厳しかった
そうで、

新人だからと言って甘やかされる
ことはなかったんだとか。

むしろ、
新人いびりが当然のようにあり、

石原裕次郎さん主演の
『夜霧よ今夜も有難う』に出演した時は、

キッチンから恋敵の浅丘ルリ子さんを
見つめるシーンで

(「大根役者は大根でも持ってろ」
という意味で)

大根を持たされ芝居をさせられた
こともあったそうです。

そんなこともあり、女優に向いて
いないと悩んでいた梶芽衣子さん。

ちょうどその頃に『日本残侠伝』の
出演が決ったときに、

マキノ雅弘監督に芸名を梶 芽衣子と
改名され、

そこから女優としての覚悟が決まった
と言います。

その後女優として開花した日活映画
『野良猫ロック』シリーズに出会います。

同作品は1970年から1971年の
短い期間に5作も発表され、

後に梶芽衣子さんの代表作の一つに
なりました。

ちなみに
第1作目の『女番長野良猫ロック』の
主演は和田アキ子さんで
主題歌も歌っていたんですって。

スポンサードリンク

梶芽衣子さんの人気を決定づけたのは『女囚』シリーズ

さて、
梶芽衣子さんの人気を決定付けたのは
27歳の時の主演映画

『女囚さそり』シリーズですね。

この映画は主演なのにセリフが殆ど
ないことで有名ですが、

しゃべらない方が不気味で凄味が出る
と、梶芽衣子さんが自らアイデアを
出したんだそうです。

主題歌の『怨み節』も大ヒットしました。

歌うというより、語りに近い『怨み節』は
『女囚さそり』シリーズを観たうえで
聴いた方が歌の良さが伝わってきそうです。

ドラマでは1973年の『同棲時代』
沢田研二さんと恋人役でW主演を
務めたり、

1974年の『寺内貫太郎一家』では
寺内家の長女役でホームドラマにも
挑戦しました。

ちなみに弟役は西城秀樹さん。

私は再放送で全話観ましたが、
樹木希林さんが沢田研二さんの
ポスターに向かって

「じゅりー♡」と叫ぶシーンは
何度観ても笑ってしまいましたね。

1974年10月に公開された
映画『宿無』は高倉健さんと
勝新太郎さんが共演した
唯一の映画作品で、

元女郎役で梶芽衣子さんは主演されて
います。

根津甚八さんも出演していたという、
今思えば豪華すぎる配役の映画でした。

1978年の映画『曽根崎心中』では
宇崎竜童さんとW主演で、

見事、複数の賞を受賞しました。

梶芽衣子さんは生涯女優を続けるために
入れ歯になっては上手くしゃべれなく
なると思い、

歯の手入れには凄く気を使っています。

その気遣いというのが半端なくて、
常に歯ブラシを11種類持ち歩き、

歯磨きには20分以上かけるんですって。

磨きすぎて歯茎が削れてしまわないか
思わず心配になりました。

2018年4月には43年ぶりとなる
オリジナルフルアルバム「追憶」
リリース。

人生初めてのロックに挑んだそうで、

挑戦するのに年齢は関係ないことを
教えてくれます。

スポンサードリンク

梶芽衣子さんが現在も結婚せず独身なのは?婚約者のDVも原因なの?

梶芽衣子さんは、一度も結婚した
ことはなく、

現在も独身ですが、かつては結婚を
約束した婚約者がいたそうです。

時期としては「女囚701号/さそり」を
撮影していた頃だと言います。

お相手は大手レコード会社の
ディレクターで、

同棲も始めてあとは判を押すだけ
というところでした。

梶芽衣子さんは結婚後は引退し
専業主婦になる予定でしたが
映画が大ヒット。

1作目で引退をすると決めていたのに
簡単に辞められなくなって
しまったそうです。

梶芽衣子さんは結婚を理由に断り
ますが、

異常なほどの大ヒットで誰もが
色めき立ち、

話を聞いてくれる人はいなかった
そうです。

説得されズルズルと続編に
出演しますが

その後も大ヒットが続きます。

そうしているうちに婚約者との関係が
ギクシャクしてきて、

梶さんは最終的に仕事を選び、
破局してしまったそうです。

梶芽衣子さんは最近になって
当時を振り返り、『女囚』の大ヒット
と、

婚約者のDVがなければ結婚していた
とおっしゃっています。

そう、
梶芽衣子さんが別れを選んだのは
『女囚』の大ヒットだけが
原因ではなかったのです。

いままで明らかにしていなかった
素顔が、

梶芽衣子さんの初めての著書「真実」
で語られています。

そして、梶芽衣子さんは婚約者と
別れるときに約束したことを
未だに守っているそうです。

その約束というのは、

「絶対に仕事は辞めない」
「どんな相手とも結婚はしない」

だそうです。

キツイ約束ですね。

どんだけ婚約者、梶芽衣子さんに
未練たらたらなんだと思いましたが、

割とそうでもなかったようで、
婚約者は別れた後にアッサリ別の方と
結婚してしまったそうです。

切り替え早いですね。

でもDVがあったとなれば、
別れて正解でしたね。

梶芽衣子さんは彼氏は作らないという
約束はしていないので、

その後お付き合いした恋人はいた
そうですよ。

やっぱり人生トキメキは必要
ですもんね。

ちなみに、梶芽衣子さんは
柴咲コウさんにそっくりで、
娘なのでは?と
一部ネットでは噂されていますが、

梶芽衣子さんは結婚歴も出産歴も
ゼロですからね。

スポンサードリンク

梶芽衣子さんとタランティーノ監督の関係って?

タランティーノ監督は梶芽衣子さんの
熱狂的なファンということは
ご存知でしょうか?

「女囚さそり」シリーズなどで
梶芽衣子さんのファンになったという

タランティーノ監督の部屋には、

梶芽衣子さんのポスターが沢山貼って
あるそうです。

映画「キル・ビル」は、梶芽衣子さんが
主演した映画『修羅雪姫』が原作だと
言われています。

実際原作料も支払われている
そうですよ。

映画の挿入歌には「修羅の花」
そしてエンディングには「怨み節」
流れていて、

歌はもちろん梶芽衣子さん。

「キル・ビル」が日本で上映された際は、
梶芽衣子さんを知らない若い世代の
人たちから

「梶芽衣子って誰?」と話題になった
そうです。

そんな、
梶芽衣子さんが好きすぎて
映画にまでしてしまった
タランティーノ監督ですが、

2013年2月に来日した際に、
梶芽衣子さんと念願の対談を
果たしました。

対談中は、終始握った手を離さな
かったそうですよ。

本当に嬉しかったんですね。

実は
ボブディランの息子も梶芽衣子さんの
大ファンで、

あの小難しいと言われている
マツコ・デラックスさんも
梶芽衣子さんの大ファンだそうです。

梶芽衣子さんが国内外問わず
沢山の人に愛される理由は、

若いころからブレない、
その生き様にあるんだと思います。

梶芽衣子さんの宝物。山田五十鈴さんと小林桂樹さんとの思い出とは?

『徹子の部屋』では、
梶芽衣子さんが大切にしている
2つの宝物を披露してくださいます。

一つは女優の山田五十鈴さんから
もらったスカーフ。

もう一つは俳優の小林桂樹さんから
もらった小さな椅子です。

梶芽衣子さんのtwitterに
小さな椅子のお写真が載っていたの
でお借りしました。


出典

ハートの部分が可愛らしい椅子ですね。

手前は引き出しになっているのかなぁ?

山田五十鈴さんは戦前から戦後に
かけて活躍した

昭和を代表する女優の一人で、
2012年7月に95歳で亡くなりました。

梶芽衣子さんとは30歳も年が
離れています。

小林桂樹さんは2010年9月に
86歳で亡くなっています。

お2人は1986年の映画『落葉樹』で
共演されていますね。

思い出話と関係あるのでしょうか?

山田五十鈴さん、小林桂樹さんの
お2人との思い出話は『徹子の部屋』で
語られます。

楽しみに放送を待っていましょう。

まとめ

梶芽衣子さんが現在も結婚せず
独身なのは?

⇒『女囚』シリーズの大ヒットと
婚約者のDVが原因で婚約が
破談になり、

婚約者と交わした約束

「絶対に仕事は辞めない」
「どんな相手とも結婚はしない」

を今でも守っている為。

梶芽衣子さんと
タランティーノ監督の関係って?

⇒タランティーノ監督は梶芽衣子さん
の大ファン。

映画「キル・ビル」は梶芽衣子さんの
映画『修羅雪姫』が原作。

2013年に念願の対談が実現した時は
終始握った手を放さなかった。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする