島本理生の夫は?結婚して再婚の理由、子供は?ナラタージュは実体験だった!?

女性著名人

こんにちは、くるみです。

 

島本理生は史上最年少20歳で野間文芸
新人賞を受賞した小説家です。

 

受賞作は「リトル・バイ・リトル」で
芥川龍之介賞候補にもなりました。

 

他にも島清恋愛文学賞や直木三十五賞
を受賞している島本理生。

 

また島本理生の凄いところは芥川龍之
介賞もそうですが、山本周五郎賞や
川端康成文学賞など名立たる文学賞の
候補となっていることです。

 

そんな島本理生の私生活はどのように
なっているのでしょうか。

 

小説家のプライベートはミステリアス
なことが多いので、島本理生も果たし
てそうなのか。

 

今回は島本理生にスポットを当てて、
深堀してまいります。

スポンサードリンク

島本理生の夫は?結婚して再婚の理由は?

島本理生は、2006年に佐藤友哉と
結婚しています。

 

佐藤友哉はミステリーやホラーをデフ
ォルメしたエンターティメント小説
(大衆小説)から、
現在メインを純文学に移行した同じく
小説家です。

出典

夫である佐藤友哉は角川ホラー文庫に
傾倒し、京極夏彦や浦賀和弘にのめり
込んだことを機にメフィスト賞へ応募
するようになります。

 

2001年には「フリッカー式鏡公彦に
うってつけの殺人」で見事第21回
メフィスト賞を受賞と、
こちらも若くして賞を獲得する実力の
持ち主と言うべきでしょう。

 

同じ畑なので気心が合うかと思えば、
何年かは不明ですが島本理生は一度
離婚しています。

 

そして、2010年に島本理生は佐藤
友哉と寄りを戻し再婚。

翌年には子供も生まれているのです。

 

結婚して再婚となった理由も明らか
にされていません。

 

お互いが別々に暮らしてみてやっぱり
必要であると思ったということで
しょうか。

 

現在まで何も波風が立っていないので
仲睦まじい家庭を築いているに違い
ありません。

島本理生の子供はどうしてる?

島本理生が子供を出産したのは、
2010年に再婚した翌年2011年のこと。

 

現在の2020年に照らし合わせると
まだ小学生ということになります。

 

最近の傾向で2つのパターンがあるの
ですが、有名人の子供を積極的に表に
出すパターンと
一切情報を出さずに守るパターンです。

 

島本理生の場合は後者の一切情報を
出さない方のようです。


出典

確かと思えるエピソードとして、子供
が幼い頃は寝かしつけてから執筆活動
をしたり、
お酒が好きなので近くのバーに飲みに
行ったりしていたとのこと。

 

結局、働く母親にとって子供が小さい
内は、子供が寝た後に自分の時間を
作るしかないと。

 

ほんの僅かなひと時が至福の時という
ことでしょう。

スポンサードリンク

島本理生の小説「ナラタージュ」は実体験って本当!?

2005年の小説「ナラタージュ」の出版
により、
「この恋愛小説がすごい!2006年版」
や「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」
で堂々の第1位に輝き、

本屋大賞でも23万部を超えるベスト
セラーとなりました。

「ナラタージュ」は松本潤と有村架純
主演で2017年秋に映画化もされ、

話題になったことは記憶に新しいの
ではないでしょうか。

 

ちなみにナラタージュとは、外国の
言葉ではなく、語りや回想で過去を
再現する手法を示す映画用語です。

 

主人公が今を生きると共に過去を現在
に重ねている回想劇であることが、
タイトルの由来となっています。

 

さて島本理生の実体験ではないかと言
われた「ナラタージュ」ですが、

島本理生はインタビューで全て実体験
ですよねと聞いてくる人に腹が立つと
応えていました。

 

不満を述べた作品の中に「ナラタージ
ュ」も入っていたので、実体験では
ないとここでは判断します。

三島有紀子は結婚してる?三島由紀夫との関係は?プロフィールや作品をご紹介!
三島有紀子は、脚本家でもある映画監督です。三島有紀子は、2020年2月21日に全国ロードショーされる直木賞作家である島本理生の小説「RED」を映画化した作品の映画監督を務めました。映画界で活躍する三島有紀子とはどんな人物なのか、今回は三島有紀子を徹底追及していきましょう。

島本理生のプロフィールや作品を紹介!

ここで島本理生の簡単なプロフィー
ルや作品を紹介しましょう。

 

島本理生は東京都出身の1983年
5月18日生まれです。

 

東京都立新宿山吹高校から立教大学
文学部に入学しましたが、2006年に
中退しています。

 

島本理生は幼少期に両親が離婚し、
母親が再婚するもまた離婚となり
母子家庭で育ちました。

 

こうした背景の中、島本理生は小学生
の頃から小説を書き始めていたのです。

 

代表作には「リトル・バイ・リトル」
を始めとして、「ナラタージュ」、
「よだかの片思い」、「RED」、
「イノセント」、「ファーストラヴ」
など多数。


出典

猫好きの方必見。

2012年10月「ilove.cat」ウェブ
マガジンで、島本理生が猫と一緒に
インタビューに応えていました。

 

保護猫の「たび」当時6歳の画像や
島本理生とのエピソードが満載なので、
興味のある方は是非ご覧下さい。

スポンサードリンク

さいごに

コミックの映画化が目立つ昨今
ですが、「ナラタージュ」を機に
島本理生作品のいずれかが映画化され
る日が来るかも知れません。

 

2018年に直木賞を獲得し、直木賞
作家という箔が付いた島本理生。

 

ANANニュースにて島本理生がイン
タビューに応えていたのですが、

直木賞の受賞後、何も書けなかった
らどうしようと不安と焦りに襲われ
ると告白していました。

 

作品を作り出す仕事に従事している
人には付き纏うことでしょう。

 

島本理生は自分で書きたいという
衝動がないと何も浮かばず、

衝動がある時が幸せとも語ってい
ます。

 

これからどんな衝動が島本理生を突き
動かすのか、次の作品に期待大です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました