本木雅弘の若い頃の迷走と挑戦!紅白での放送事故って?俳優としての現在は?

俳優

こんにちは、くるみです。

 

本木雅弘はモックンの愛称で親しまれ
たアイドル時代から本格実力派俳優と
なった現在まで、

トラブルもなく充実した芸能生活を過
ごしてきたというイメージがあります。

 

本木雅弘の若い頃、以外にも紅白歌合
戦での過激なパフォーマンスが物議を
醸したり、
迷走と挑戦の繰り返しだったりしてい
ました。

 

アイドルからの脱皮に苦悩していたこ
とや本木雅弘なりの深いメッセージが
込められた出来事など、

順風満帆に思える本木雅弘にも確固た
る俳優道を築き上げるまでに紆余曲折
あったのです。

 

そこで今回は、本木雅弘の若い頃を
中心に徹底分析します。

スポンサードリンク

本木雅弘の若い頃がイケメン過ぎる!

今も渋いイケメンの本木雅弘ですが、
シブがき隊モックン時代の本木雅弘
はザ・ジャニーズと言えるほどカッ
コ良いアイドルでした。

 

1980年代は3人組の男性アイドルが
次々とデビューする時代です。

「3年B組金八先生」で話題となった
田原俊彦、近藤真彦、野村義男の
たのきんトリオに続いて、

1981年「2年B組仙八先生」でドラ
マデビューを果たし、薬丸裕英、
布川敏和、本木雅弘の3人組アイドル
グループ「シブがき隊」が誕生しました。

 

1982年に「NAI・NAI16」で歌手デビュー
した本木雅弘は、シブがき隊の中での
イケメン担当。

 

本木雅弘は、浦和学院高校1年の途中
から明治大学付属中野高校の定時制に
編入したのですが、2年の時に中退し
ています。

 

それだけアイドルの仕事が忙しかった
という証でしょうか。

 

甘いルックス、爽やかな笑顔、美男子
そのものの若い頃の本木雅弘は、

1988年のシブがき隊解隊までトップ
アイドルとして活躍していたのです。

本木雅弘が迷走と挑戦を繰り返したアイドル脱皮劇!

本木雅弘がメンバーだったシブがき隊
は、6年の活動をもって突然の解隊
なり世間を驚かせました。

 

今でこそ大手安泰の芸能事務所を辞め
る決断をする芸能人も少なくありませ
んが、本木雅弘はシブがき隊を辞めて
すぐにジャニーズ事務所を離れています。

 

イメージが先行する中、本木雅弘が
シブがき隊解隊直後にこなした仕事は
周防正行監督の映画「ファンシイダン
ス」
です。

 

初出演にして坊主頭という180度転換
した俳優デビューでした。

 

ここから本木雅弘の迷走ぶりが顕著に
なります。

1991年には、篠山紀信による
「white room」という本木雅弘のヘア
ヌード写真集が出版されました。

 

そして新たな挑戦を試みた紅白歌合戦
での衝撃的な登場となりますが、
こちらは後ほど詳しく取り上げます。

 

同じ周防正行監督の映画「シコふん
じゃった」を覚えている方は多いこと
でしょう。

 

1992年に公開された本木雅弘主演の
コメディ映画です。

 

ここでも本木雅弘は、コミカルに描か
れた相撲部員の葛藤を描く役に挑戦し
話題となりました。

こうしたさまざまな挑戦が、脱アイド
ルを成功させた本木雅弘。

 

1990年代の迷走と挑戦の期間が、今の
俳優本木雅弘を創り上げた原点と言え
るでしょう。

スポンサードリンク

本木雅弘が紅白歌合戦で見せたパフォーマンスで放送事故!?

1992年の紅白歌合戦でソロ歌手として
初出場した本木雅弘は井上陽水の「東
へ西へ」のカバーで、

コンドームを首に巻いた衣装や臀部を
見せるというサプライズを行ったのです。

 

他局でもセンセーショナルなパフォー
マンスを天下のNHKの国民的番組で
ある紅白歌合戦の場で行った訳です
から、
NHKに抗議の電話が殺到したのは
当然と言えば当然でしょう。

出典

生放送なのでそのまま映像は流れます
から、本木雅弘の出演シーンが放送
事故という位置付けになったのでは
ないでしょうか。

 

ここには、エイズ撲滅という本木雅弘
の深いメッセージが込められていたと
は言え、大胆としか言えません。

本木雅弘の俳優としての現在は?

俳優本木雅弘は、映画にドラマに
大活躍で、1998年のNHK大河ドラマ
「徳川慶喜」での主演は凛々しく美し
い姿が印象的でした。

 

紅白歌合戦でのことが嘘のように、
本木雅弘はNHK大河ドラマの主役に
大抜擢されたのです。

また、本木雅弘は運命の映画作品
「おくりびと」と出会います。

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、
ブルーリボン賞主演男優賞、キネマ
旬報ベスト・テン主演男優賞と各賞を
総なめにしました。

 

映画「おくりびと」を機に益々俳優と
しての地位を確立した本木雅弘は、

NHKドラマ「坂の上の雲」(2009年)、
そして映画「日本のいちばん長い日」
(2015年)では昭和天皇という大役を
見事に演じ切ったのです。

 

ここには樹木希林とのこんなエピソー
ドがありました。

本木雅弘とすると、昭和天皇役の重圧
で仕事を受けることに躊躇したとのこと。

 

そんな時背中を押したのが義母である
樹木希林だったということです。

 

俳優の大先輩が側に居るというのは幸せ
なことと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

さいごに

現在は、CMにドラマにバラエティ
番組にと本木雅弘の姿を見かける
ことが多くなりました。

 

特に今は大河ドラマ「麒麟がくる」
での本木雅弘の斎藤道三役が話題
となっているので、
よりNHK番組で取り上げられている
のです。

 

3月28日(土)の「NHKプロフェッ
ショナル仕事の流儀」に本木雅弘
スペシャルとして出演が決まってい
ます。

 

73分間のスペシャル版なので、現在
の気になるプライベートについてや
本木雅弘の顔も心もイケメンである
こともたっぷり聞けそうです。

 

今回の大きなテーマである迷走と挑戦
に関連するように、

番組では光と影を根底のテーマに進行
していくことがNHKディレクターによ
る本木雅弘へのインタビュー記事で
明らかとなっています。

 

初の密着取材、それも半年間という
長きに渡っての知られざる本木雅弘
の素顔に迫る番組です。

お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました