平川理恵のプロフィール、夫や子供は?現在は広島県教育長で目標がスゴイ!

スポンサーリンク
女性著名人

こんにちは、くるみです。

 

平川理恵は、2018年、民間出身にして
広島県の教育長に就任した才女です。

 

就任した経緯には広島県知事からの
直々のオファーがあったともされています。

 

これまでの平川理恵の経歴も凄く、
元リクルートのトップだったり、女性
民間人初の校長をされたりと、
才色兼備という言葉がぴったりな女性です。

 

そこで今回は平川理恵にスポットを
当てて、華麗なる経歴や教育への取り
組みなど、詳しく掘り下げてまいります。

スポンサードリンク

平川理恵のプロフィールや経歴をご紹介!

2018年4月に出版された平川理恵の著書
「クリエイティブな校長になろう」
紹介されている、プロフィールや経歴を
中心にお届けしましょう。

平川理恵は京都府京都市出身の1968年
生まれで、
1991年に同志社大学を卒業しリクルート
に入社しています。

 

平川理恵はリクルート社の中でもトップ
の営業力を誇り、トップセールスウー
マンとなりました。

 

具体的な数字としては、営業目標を
250%達成とか年間に4億円売り上げ
とか想像を絶しています。

 

1997年、会社の支援で南カリフォル
ニア大学にMBA留学。

 

1999年にはリクルート社を退社して
留学経験を活かし、留学支援会社を
設立
しました。

 

10年に渡り代表取締役として経営しまし
たが、2009年事業を売却します。

 

そして2010年、平川理恵41歳の時に
横浜市の民間人校長公募により、

女性初の民間人校長として横浜市立市
ヶ尾中学校の校長に就任
しました。

 

また、2015年には横浜市立中川西
中学校の校長を務め、
これまでの手腕を買われて2018年いよ
いよ広島県教育委員会教育長に就任
することとなったのです。

 

平川理恵が校長になったのも数百人の
校長応募の中から合格を勝ち取ってい
る訳で、

無敵とも言える平川理恵がその後
県知事からの後押しで教育長となった
ことも頷けるのではないでしょうか。

平川理恵の気になる家族は?夫や子供はどうなっている!?

平川理恵の家族についても気になる
ところですが、夫の情報は見ることが
出来ませんでした。

 

ここでは日経のwebメディアにてイン
タビューに答えている平川理恵の記事
がありましたので、こちらを中心に
紹介します。

 

平川理恵が35歳の時に長女を出産して
おり、子育てに関して両親の支えが
大きかったことは出てきますが

夫、父親という言葉が出てこないので
シングルマザーだったということで
しょうか。


出典

さすが平川理恵の娘は保育園児にして
はっきりと自分の意見を主張出来る
子供だったようです。

 

それは母親と一緒に関西で暮らすか、
祖父母と一緒に東京で暮らすかという
二択を迫られた時のことでした。

 

どちらも嫌、家族が離れて暮らすのは
おかしい、今まで皆で一緒に暮らして
きたのだからこれからも一緒にいる
べきと、

5、6歳の子供とは思えないしっかり
した考え方にびっくりです。

 

この時の平川理恵の頭には、家庭教育
の大切さを忘れ、良い学校に入れたい
という考え方が先にあったと語って
います。

 

2月7日NHK「あさイチ」のプレミアム
トークに登場した際に、

娘が小学校に上がるときに決めた平川
理恵の「子育て五か条」が紹介されて
います。

「日本人として国際人」

①自己肯定感・幸福感

②自然界を五感で感じられる

➂人の気持ちが分かるコミュニケーション力

④自分の意見を人に分かりやすく言えるクリティカルシンキング力

⑤自立していて世の中に貢献できる

あくまでも私個人の娘に対しての思い
なので!と照れていましたが。

ことあるごとにお互いの気持ちを紙に
書いて話し合う時間を大切にしている
そうです。

 

自らの実体験も経て、学校教育よりも
家庭教育が大事
であることを平川理恵
は根幹としたのです。

 

娘の通う小学校のPTA会長も務めた
平川理恵は、組織改革に挑戦したとの
こと。

 

よくあるお話にPTAの役員にはなり
たくないと思う親御さんが多いと言い
ます。

 

大変そうとか何をするのか分からない
という声の中、平川理恵が提唱したの
PTAの仕事の見える化でした。

 

平川理恵の考えに賛同する保護者が
多くなったことで、PTA役員に
立候補する人数も増えたとか。

 

平川理恵のパワーは恐るべしです。

スポンサードリンク

平川理恵の現在は?校長時代の取り組みや教育長としての活動は?

平川理恵は公立中学校の校長時代も
さまざまな改革をしてきました。

 

図書室をリニューアルすることで子供
たちの人気スポットとなったり、

校内にフリースクールを設置して
不登校児ゼロ
にしたりと、いくつもの
功績を残しています。


出典

さて、2018年4月から広島県教育長
となった現在の平川理恵はどのよう
な活動をしているのでしょうか。

 

教育家庭新聞サイトでの教育長挨拶
として、平川理恵は次のように方針を
語っていました。

 

2014年12月に策定した「学びの変革」
に基づいて、2019年4月から広島の
中高において実践・開校しています。

 

小さな取り組みから県内への普及を
目指して、平川理恵は「学びの変革」
を前へ推し進めようと取り組んでいる
のです。

 

平川理恵の目標は大きく、広島県を
「日本一の教育県」
にすること。

 

目標を実現するために、広島県が全国
に先駆けてのモデルとしたいのでは
ないかと推察します。

さいごに

平川理恵は清廉潔白で聡明であると
一目でわかるような、凛とした美しさ
が印象的ですが、実は中学時代に
イジメに遭った経験があります。

 

そういった経験もあり、不登校の子供
の為のフリースクールにも力を入れて
「多様である」を重要視しています。

 

そんな平川理恵が2月7日NHK
「あさイチ」のプレミアムトークに登
場した時に、広島県の高校受験の改革
にも取り組み始めた話をしていました。

 

受験の大きな柱として掲げているのは
「自己を認識し、自分の人生を選択し
表現できることができる力」

 

驚いたのは「内申書」をほぼなくす
ことを目指しているということ。

 

色々制約があって完全になくすことは
出来ないそうですが試験全体の2割に
まで減らすことが出来たそう。

 

「内申書」があるため学校で自由に
行動が出来ない、「内申書」にいつも
怯えている。ということをなくそうと
いうのがその理由だそうです。

 

我が子への対応に四苦八苦している
親御さんにとっても、
耳寄りな情報が満載となっていました。

 

これを機に益々メディアで取り上げら
れるかも知れませんし、
今後の平川理恵の活躍が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました