杏沙子(あさこ)歌手の大学は横浜国立でミス横国?事務所は?姉は蓮佛美沙子?

リンク広告




こんにちは。

近頃ちょっぴりおセンチな(死語?)
かのんです。

これといった理由があるわけじゃ
ないけど、

なんとなくセンチメンタルな気分
というか、

テンションが上がらない時って
ありますよね?

そんな気分の時にピッタリの曲が
あると年下の同僚からおすすめ
されたのが、

杏沙子さんの『道』でした。

聴いていただけばわかるように、
印象的なのは透明感のある歌声。

それなのにサラサラと流れていく
だけではなく、

何か心に引っかかるものがあって、
心のささくれた部分に優しく
触れていくような…

そんな歌声にすっかりハマって
しまい、何度もリピートしています。

そして、
歌声の透明感と見事にリンクした
ルックス!

ご本人の雰囲気と声質がこんなにも
ピッタリ合致しているのも
奇跡的ですよね。

そんな杏沙子さんの歌声や
音楽のルーツはどこにあるので
しょうか?

今回は私がハマっている
シンガーソングライター
杏沙子さんのことを

あれこれ調べてみました!
スポンサードリンク

杏沙子のプロフィール 実家は鳥取で家族でカラオケ好き!

杏沙子さんは
1994年4月4日のお生まれ。

鳥取県鳥取市のご出身です。

出典

家の近くには、「池」とつく
湖沼としては日本一の大きさを
誇る湖山池があり、

自然の中で男の子たちと一緒に
やんちゃに駆け回る子供時代を
過ごしたそうです。

移動手段はバスか車しかない
という環境だったため、

外出はもっぱらお母さんが
運転する車。

その車内でいつも流れていたのが、
お母さんが好きだった

松田聖子さん

槇原敬之さん、

ドリカムの曲でした。

“私の音楽体験の原点は車の中”
と語る杏沙子さん。

その言葉通り、お母さんと一緒に
車の中で聴いたポップスが
彼女の音楽センスを養い、

お母さんと一緒に歌い、時には
ハモりを教えられたことで
歌唱力も磨かれていったようです。

はからずしも、鳥取の車社会が
杏沙子さんの英才教育に
一役買ったというわけですね。

さらに、お父さん、おじいちゃん、
おばあちゃんも家族みんな歌が大好き。

家にはカラオケセットがあって、
お正月といえば家族そろって

カラオケ大会が恒例行事だった
そうです。

なんとも幸せで楽しそうな
お正月ですね!

そんな杏沙子さんが音楽の道に
進もうと決意したのが、
高校2年生の時。

友達と文化祭限定でバンドを組み、
音楽室でライブした際、

生まれて初めて家族以外の
聴衆を前に歌いながら、

“私はこれをやりたいんだなと
ハッキリわかった”

と言います。

4歳から弾いていたピアノで
初めての作詞作曲に挑戦したのが
大学2年の時。

その曲が、のちに”おセンチ”な私の
心を癒やしてくれることになる、

『道』でした。

大学2年の秋に
初めてライブハウスに出演。

以来、月2回のライブで
毎回オリジナルソングを発表
しながら、

曲作りと歌声を磨いていった
杏沙子さん。
スポンサードリンク

インディーズからメジャーデビューへの道

2016年7月に
『道』でインディーズデビュー。

カップリング曲『アップルティー』
のミュージックビデオを
Youtubeで公開すると、

ダンスが可愛い

と中高生の女子の間でブレイク!

公開からひと月も経たないうちに
再生回数は5万回!を超え、

今や637万回以上にのぼります。

2017年6月にインディーズでの
セカンドシングル

『マイダーリン』をリリースする
頃には、

名だたるライブハウスでの
ワンマンライブも成功させ、

人気も実力もぐぐ~んと
アップした杏沙子さん。

ついに2018年7月、
待望のメジャーデビューを果たした
のでした!

以来、その魅力的な歌声で、
着々とファンを増やし続けて
います。

そう、わたくしも着々と増えた
ファンのひとりです!

杏沙子の大学は横浜国立でミス横国ってホント?

歌声も魅力的ながら、
ルックスもキュートな杏沙子さん。


出典

大学時代に“ミス”に選ばれた
というウワサがあるようです。

調べてみたところ、杏沙子さんの
出身大学は横浜国立大学。

はい、
言わずと知れた名門大学ですよあなた!

そのミスコンに選ばれたとなると、
なかなかの華々しい経歴という
ことになります・・・

が、実際に杏沙子さんが出場
したのは、

ミス横国コンテストではなく、

“ミスアカペラコンテスト”。

大学のアカペラサークルが歌声を
競う全国大会に、

「Stairways」という
アカペラサークルに所属していた
杏沙子さんも出場し、

その大会の中で行なわれた
ミスアカペラを選ぶコンテストで

準優勝を果たしたということです。

というわけで、
ミス横国に選ばれたという
ウワサは間違い!

とは言え、
ミスアカペラコンテストでは
可愛さだけでなく歌声も評価された
ということで、

単なるミスコンより実はよっぽど
ハードルが高いんじゃないですか?!
スポンサードリンク

杏沙子の事務所はどこ?

大学時代、アカペラサークルで
活動しながら

ソロでライブハウスにも
出演していた杏沙子さん。

そして
もうひとつ歌声を披露していた
ステージがYoutubeでした。

中高生の女の子に支持された
『アップルティー』の
ミュージックビデオも、

自身が奔走して作り上げた作品だそう。

学校が舞台なので自分で小学校に電話をして、1日借りるためにバイト代をかき集めて、友達を呼んでエキストラとして出演をしてもらって・・・・・・本当に必死でしたね(笑)。YouTubeで公開したあとも、全く自分が知らない誰かが聴いていることが不思議過ぎて、再生回数が増えていくのもあまり現実味がなかったです。それを観てライブに来てくれる方が増えるのが一番実感につながっていたかな。

すごい!

見た目からは想像できない
ハングリーさ、そして行動力ですね。

時に、

“Youtuberから
シンガーソングライターに
なった”

といった紹介もされる杏沙子さん。

今の時代、
ネット配信から売れていく
アーティストは当たり前のように
いますし、

さらに杏沙子さんの場合は同時に
ライブハウスでの活動も続けて
いました。

“Youtuberから・・・”

という表現は、ちょっと違うなぁと
感じてしまいます。

そしてそのライブハウスで
出会ったのが、
現在の所属事務所でした。

杏沙子さんの事務所は、
ビクターのグループである

「wonderwave」。

杏沙子さんのライブに
事務所の方が足を運び、声を掛けて
くれたことで、

メジャーデビューの運びとなった
そうです。

メジャーデビューから1年近くに
なりますが、

ニューシングルのリリースは
ゼロ・・・。

ところが、
事務所のホームページを見たら、
こんなニュースが飛び込んで
きました!

初のシングル『ファーストフライト』8/7(水)リリース&7月スタートドラマ「ランウェイ24」主題歌に決定!

おお~!

杏沙子さん書き下ろしの
新曲『ファーストフライト』が

7月スタートの
ドラマ『ランウェイ24』
(ABCテレビ)の主題歌に
抜擢されたそうで、

さらにその曲がファーストシングル
としてリリース決定。

ついにメジャー初シングルです!

しかもドラマとのタイアップとは!!

これはこれは、
ますます杏沙子さんの知名度が
高まりそうな予感ですぞ。
スポンサードリンク

杏沙子の姉は女優の蓮佛美沙子?

杏沙子さんのことを調べて
いると、

女優の蓮佛美沙子さんと姉妹では
ないかというウワサが、

まことしやかに語られている
ようなんです。

蓮佛美沙子さんは、
あの大林宣彦監督に

“20年に一度の逸材”

と評された実力派女優!


出典

朝ドラ『べっぴんさん』をはじめ、
数多くのドラマに出演して
いらっしゃいます。

姉妹説の根拠となっているのが、
名前と出身地。

まず、杏沙子さんの本名は

『蓮佛杏沙子』

そう、蓮佛美沙子さんと同じ
苗字なんです。

この蓮佛(れんぶつ)という苗字。

鳥取にしかない大変珍しい苗字で、
人口も100人ちょっとしか
いないとか。

確かに
杏沙子さんの出身地は鳥取ですが、

では蓮佛美沙子さんの出身地は
というと?

はい、鳥取なんですね~。

しかも

蓮佛美沙子

蓮佛杏沙子

たった一文字だけの違い。

苗字だけでも珍しいのに、お名前も
この類似性。

これは姉妹説の信ぴょう性も
高そうです…。

お年は蓮佛美沙子さんのほうが
3歳年上ということで、

これもお姉さんという説に合致。

お二人が姉妹であることが
公表されているわけではないん
ですが、

私はかなり真実味が高いと思って
いるのです。

なぜなら、

蓮佛美沙子さん(姉?)と、


出典

蓮佛杏沙子さん(妹?)


出典

だって、似てません?
スポンサードリンク

さいごに

女優のお姉さんがいると言われても
まったく不思議ではないほど、

ルックスもかわいらしい
杏沙子さん。

そのせいでアイドル的に見られて
しまうこともあるそう。

でも、あるインタビューで
こんなことを話していました。

小さい頃、松田聖子さんがアイドルってことを知らずに車の中でよく聴いていたんです。聖子さんは曲ごとに声の色が全然違って、楽曲に合わせて演じていらっしゃって。わたしもそれに憧れていたので、意識して声色を使い分けて歌うのが好きなんです

これからもいろんな声や言葉で、いろんな世界を歌っていきたいです。それが『杏沙子らしさ』になっていけばいいな

そう、シンガーソングライター
杏沙子さんの道はまだまだ序章。

松田聖子さんのようなビッグな
シンガーに変貌をとげるかも
しれない杏沙子さんに

今から注目しておきましょう!

さいごまでお読みいただきありがとうございました。