有馬稲子の夫は過去2人で離婚理由は男運?子供がいないワケは過去の中絶?

リンク広告




こんにちは 🙂

レクです。

女優の有馬稲子さん、

最近ではドラマ「やすらぎの郷」で
お酒好きな元シャンソン歌手を
演じていましたね。

これが最後のドラマ出演になるなんて
インタビューで答えていましたが、

もうそんなお年なんですか!?

まだまだドラマに出て欲しいです。

そんな有馬稲子さん、
生い立ちから現在に至るまで壮絶な
過去をお持ちです。
スポンサードリンク

有馬稲子のプロフィールと生い立ち


出典

【本名】
中西 盛子(なかにし みつこ)

【生年月日】1932年4月3日

【出身地】
大阪府豊能郡池田町(現:池田市)

【血液型】A型

有馬稲子さんは4歳の時に釜山に住む
父親のお姉さんの元へ養女に出されました。

理由は父親が共産党員だったから。

警察から逃れるために各地を転々とする
生活を心配したお祖母さんが

子供のいない伯母夫婦のところに
連れていったんだそうですよ。


出典

有馬稲子さんの養母の かねさんは
お弟子さんを大勢抱える日本舞踊の
先生をされていました。

有馬稲子さんは かねさんのことを
ママと呼び、

戦争中は軍隊慰問で踊りに行く
かねさんによく付いて行っていた
そうですよ。

学校も軍隊慰問で休むと言うと快く
送り出してくれたそうで、

堂々と学校を休めるのが嬉しかった
んだとか。

学校を休んで先生に褒められるって

・・・こういう嬉しかった記憶って
いつまでも覚えているもんですよね。

慰問帰りには、お米や砂糖などを
たくさん持たせてくれるので、

戦争中にも関わらず食べ物に不自由
したことはなかったんだとか。

9歳の時に養父が急逝し、裕福な
生活から一気に家計が傾くという
出来事はありましたが、

実の親ではなくても、愛情を持って
育てられ、

幸せな幼少期だったんだろうなぁ
と感じました。

有馬稲子さんは終戦後、命からがら
密航船で日本に帰った後に

実の両親のところで暮らし始めますが
父親が暴力を振るう人だったり、

弟妹とそりが合わなかったりで、
自殺を考えるほど辛い日々だったと
いいます。

今でいうDVですよね。

有馬稲子さんの父親は、困っている
人を見ると家に連れてくるような
人だったそうで、

根っこの部分では悪い人では
ないんだと思います。

でもDVはダメですよね。絶対!
スポンサードリンク

宝塚音楽学校に入学した理由がDVから逃れるためだったとは!

学校でも日本の授業のレベルに
ついていけず、

どうやって家を出ようかと、
そればかり考えていたところに

友達から「宝塚受けてみない?」
と誘われます。

そして見事合格!

そこで初めて養母が宝塚歌劇団出身
ということを知り、

養母と同じ芸名「二代目有馬稲子」
を襲名します。


出典

有馬稲子さんは芸名だったん
ですね。

地味な名前なので(失礼)
本名だと思っていました。

実はこういった経緯があったん
ですね。

有馬稲子さんは芸能界や宝塚に興味が
あった訳ではなく、

DVから逃れるためのシェルター
として宝塚を選んだと、

あるインタビューで語っていました。

優しい父親だったら、今の
有馬稲子さんはなかったってこと
ですね。

DVが良かったんだか、
悪かったんだか・・・。

いやいや、悪いでしょ!!

1953年、20歳の時に宝塚を退団し、
その後は東宝の専属女優になります。

しかし、
好きな作品に出たい!という思いで、

女優仲間の岸恵子さん、久我美子さん
と共に1954年に

「文芸プロダクションにんじんくらぶ」
を設立。

当時は五者協定というのがあって、
大手の映画会社が俳優と専属契約を
結んで、他社に出さないなんていう
決まりがあったんだそうで。

そんな体制に歯向かうなんて、
しかも若手女優。

生意気だ~って相当バッシング受けた
そうですよ。

有馬稲子さん、強いです。

1961年、
俳優の中村錦之助さん(萬屋錦之介)
と結婚後は女優業をセーブしますが、
離婚後に再開。

1966年、「風と共に去りぬ」を
世界で初めての舞台化したときに、

主役のスカーレット・オハラ役
抜擢されました。

その後も多くの舞台や映画、ドラマ
などで活躍され、

いくつもの賞を受賞していますが、
1980年に出会った舞台
「はなれ瞽女おりん」は

有馬稲子さんのライフワークとも
いえる作品となっていますね。

2004年まで24年間続けて、684回も
公演を重ねたんだというのですから
驚きです。

舞台で膝を酷使しすぎ、右膝が
人工関節になることがなければ

軽く1000回は超えていたんじゃ
ないでしょうか?

後遺症で正座が出来なくなり
ましたが、

ご本人は責任を果たせたと、
これは勲章だと思っているそうです。

舞台を恨むわけではなく運命を
受け入れ、

むしろ誇りにしているところが
素晴らしいです。

ところで、
先ほど述べた1人目の結婚相手、
中村錦之助さん(萬屋錦之介)は
どうして別れてしまったんでしょうか?

有馬稲子さんは2度結婚されていて、
2度目の相手とも離婚しています。

有馬稲子さんは仕事運はあったよう
ですが、

男運には恵まれなかったようなんです。
スポンサードリンク

有馬稲子の夫は過去2人。男運が悪かった?

有馬稲子さんは結婚と離婚を
2度繰り返しています。

その離婚理由を調べてみると、
どう考えても男運が悪かったとしか
思えないんですよね。

有馬稲子の1人目の夫は中村錦之助(萬屋錦之介)離婚理由は?

有馬稲子さんの1人目の旦那さんは
元歌舞伎役者で俳優の

萬屋錦之介(当時は中村錦之助)さん。


出典

1959年に「浪速の恋の物語」で
共演したのがきっかけで

1961年11月に挙式をあげました。

有馬稲子さんの親代わりに作家の
川端康成氏夫妻が出席したり、

招待客が1000人以上など、
「芸能界始まって以来の盛大な
結婚式」と新聞に載りました。

ウエディングケーキが当時の値段で
16万円もしたというのですから、
現在だといくら?

私のような庶民には想像がつかない
豪華さだと思います。

しかし3年7ヶ月後の1995年に離婚。

離婚の理由は何だったんでしょうか?

最近のインタビューで有馬稲子さんは
このように語っています。

「私は宴会場の女将となった。」

手を抜くことが出来ずに疲れ果てて
しまったということでした。

というのも、新居には毎晩のように
萬屋錦之介さんのお客様が
なだれ込んで来たんだそうです。

なだれ込む人数っていったい!?

しかもそのまま宿泊!

なので、
朝食も用意しなきゃいけないわで
大変なんてもんじゃなかったと
思いますよ。

でも、
有馬稲子さんは頑張り続けました。

萬屋錦之介さんは将来世界に通用する
役者になるに違いないから、

いろんな人と出会って視野を広めて
ほしいという思いがあったそう
なんです。

しかし、
お手伝いさんをフル稼働しても
間に合わない忙しさで、

次第に疲れてしまったんだとか。

そしてもうひとつ。

梨園の妻である萬屋錦之介さんの
お母さんの存在が大きかったそう
です。

お姑さんの顔色をうかがわなくては
いけないストレスも

離婚理由にあったんじゃないかなと
思いました。
スポンサードリンク

有馬稲子の2人目の夫は河村三郎。離婚理由は?

有馬稲子さんは萬屋錦之介さんと
離婚後1969年に、

不動産会社を営む実業家
河村三郎さんと再婚しました。

しかし、河村三郎さんの会社が
多額の負債を抱えて倒産してから

河村三郎さんは変わってしまいます。

お酒に溺れ、有馬稲子さんが家に
いないと不機嫌になって暴れるように
なったんだとか。

夫の保証人になった有馬稲子さんも
借金を背負うことになり、

返済のためにがむしゃらに働いた
そうです。

離婚はすんなりとは行かず、
5年もかけて話し合い、

結局有馬稲子さんが借金を肩代わり
することでやっと離婚が成立したん
だとか。

そのために田園調布の自宅を売却
したりと大変な思いをされました。

離婚したのが1983年、

「はなれ瞽女おりん」を始めてから
3年後のことです。

私生活がこんな大変だったのに、
舞台を休んだことがなかったと
いうのが、さすがプロ根性!

結婚当初は男らしくて陽気だった人が、
仕事がうまくいかなくて
人が変わってしまった。

離婚理由は借金だけではなかったん
ですね。

変わってしまった夫の姿を見るのが
本当に辛くなってしまった、

それが一番の離婚理由です、と
有馬稲子さんは会見で仰っていました。

有馬稲子に子供がいないワケが不倫の末の中絶とは?

有馬稲子さんは、2度の結婚をされ
ましたが子供はいません。

女優だからあえて作らなかったのかと
思っていましたが、

そうではなかったようです。

有馬稲子さんは大の子供好きなので
子供が欲しかったそうですよ。

しかし欲しくても出来なかった
そうです。

その理由は萬屋錦之介さんと出会う前
に交際していた男性との間に出来た
子供を中絶したからだと

著書『有馬稲子 わが愛と残酷の
映画史』の中で語っているそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有馬稲子 わが愛と残酷の映画史 わが愛と残酷の映画史 (単行本) [ 有馬 稲子 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)

楽天で購入

しかもその相手は17歳も年上で
妻子がいました。

その不倫相手とは、2008年に92歳で
亡くなった市川崑監督。


出典

巨匠と呼ばれる大監督なんだ
そうですが、

いまいちピンと来なかったので
調べたところ、

「ビルマの竪琴」の監督でした。

私が知っているのは1985年の
中井貴一さんの方ですが、

「一緒に、日本に帰ろう!」
のセリフだけは覚えていますよ!

有馬稲子さんと市川崑監督との
関係が始まったのは、21歳の時

1953年に公開された映画「愛人」で
有馬稲子さんが起用されてからだ
そうです。

父性に飢えていたという有馬稲子さん
にとって、

うんと年上の市川崑監督は、大人で
頼りがいのある男性に映ったので
しょう。

「妻とは分かれる。」

「もう別居中だ。」

「きちんとしたら結婚したい」

と何度も言われ、結局2人の関係は
7、8年も続いてしまったんだとか。

なんて酷い男でしょう。

でも、
好きだと騙されてるって気が付か
ないんですよね。

あるとき有馬稲子さんは我慢できず
市川崑監督の自宅に電話したことが
ありました。

その時に監督から子供が生まれたと
報告され、絶望したそうです。

そんなとき有馬稲子さんは
萬屋錦之介さんからプロポーズを
受けます。

結婚を知った市川崑監督、なんと
身を引くどころか、

結婚を思いとどまるように説得に
回ります。

「どうしても結婚するなら、3カ月に
1度、会ってくれ」

「どうしても別れたいのなら、今まで
きみに注いだ愛情の責任を取れ」

とか言ってきたそうですよ。

自分勝手というか、もうメチャクチャ
ですね。

そんなこと言われたら引くわぁと
思いましたが、

有馬稲子さんもやっと、目が覚めた
そうです。
スポンサードリンク

有馬稲子の現在は?

有馬稲子さんは2019年4月で87歳に
なります。

2014年4月に喉のポリープを除去する
手術はしたそうですが、

これといって大病などせず健康で
いらっしゃいます。

気になる健康法は?と調べてみると
「よく歩く」「肉はあまり食べない」

「1日1000回の腹筋」とありました。

腹筋は今も続けているか不明ですが、
歩くのは今も続けているそうで、

1日最低6000歩も歩いているんだとか!

右膝が人工関節の為、多くても
8000歩でストップしているそうで
すが、それでもよく歩く方ですよね。

少なくとも私より歩いています。

2018年にはデモで混乱中の
フランス・パリに旅行に行っています。

案の定、恐ろしい思いもしたそう
ですよ。

何もそんな大変な時期に・・・と
思いますが、きっと思い立ったが吉日
なんでしょうね。

よく
「いつお星さまになるか分からない」
とおっしゃってますから、

なおさらなんでしょう。

有馬稲子さんの行動力の凄さなどを
知れば知るほど、

まだまだ「お星さま」になる日は
来なそうで良かったです。

有馬稲子さんは2007年からケア付き
分譲マンションに移り住んでいます。

そこは看護師さんが在住していて、
体調が悪い時はボタン一つで駆け
つけてくれるんだとか。

サークル活動も盛んで、
有馬稲子さんもガーデニングを
楽しんでいるそうですよ。

リアル「やすらぎの郷」ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。