冨手麻妙のクビ理由は黒歴史?丸刈りと過去のイジメの関係!?wikiや経歴も気になる!

こんにちは 🙂

レクです。

現在公開中の18禁映画『娼年』が
話題を呼んでますね。

松坂桃李さんが主演で『娼夫』として
生きる道を選んだ青年の役を演じています。

★松坂桃李さんについてはこちら

松坂桃李の性格がオナラに寛容で根暗な理由は姉と妹?岡田将生と仲良いの?

その客として関係を持つ相手役の
女優さんは皆さん美人ぞろい。

★『娼年』で共演した大谷麻衣さんは笑福亭鶴瓶さんも推奨する注目女優!!

大谷麻衣のwikiや経歴、結婚や彼氏は?年齢や身長、すっぴんも気になる!

その中でも、一番の若手女優、
冨手麻妙さんに今回は注目してみたいと思います。

スポンサードリンク

冨手麻妙さんのwiki的プロフィールと経歴は?


出典

【本名】
冨手 麻妙(とみて あみ)

【生年月日】1994年3月17日

【出身地】神奈川県

【身長】162cm

【血液型】B型

【特技】人狼ゲーム、ダンス、料理

【趣味】映画鑑賞、ヨガ、イラスト

【事務所】
レジェンド・タレント・エージェンシー

冨手麻妙さんは2009年AKB48の
第8期研究生のオーディションに合格し、芸能界デビューします。

しかし同年12月には卒業。

その後、いったんは芸能界を退きますが、
グラビアアイドルや小劇場で経験を積み、

『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』
『みんな!エスパーだよ!』
『東京ヴァンパイアホテル』
『Love of Love』『アンチポルノ』と
園子温監督作に次々と出演しています。

現在公開中の『娼年』では、
松坂桃李さん演じるリョウが

ボーイズクラブに入るための
“情熱の試験”の相手として、

現れるミステリアスな美女・咲良を熱演しました。

冨手麻妙さんのAKB48研究生の卒業理由はクビだった!

冨手麻妙さんは2009年にAKB48の
第8期研究生のオーディションに
合格したものの、僅か一年でクビになっています。

研究生というのは、まだチームにも
入っていない「アイドルの卵」ってことですよね。

驚いたのは、クビになったのは
冨手麻妙さんだけではなく、
8期生全員だったというではないですか!?

クビの理由は、普段の行いとか努力が
見えないとかだったみたいです。

具体的には、練習をさぼったり、
恋愛禁止のルールを破っていた子が多かったようですね。

で、次々と後輩が入ってきて人数が
増えたという理由でセレクション審査

という形をとって、8期生は全員クビになってしまいました。

厳しい世界を生き残るためには、
最低限のルールすら守れない子は、
早めに淘汰されちゃうってことですね。

この屈辱的な経験をバネに、女優で
勝負しようと心に誓った冨手麻妙さん

は、今は注目される女優として活躍しています。

ご本人も、あの時の挫折はいい経験、
財産ですと語っていますし、

結果オーライで良かったのかも知れないですね。

スポンサードリンク

冨手麻妙さんは壮絶なイジメに遭っていた!

冨手麻妙さんは幼いころから
喘息持ちで体が弱く、

人見知りで大人しかったため、
男の子に髪を引っ張られてイジメられていたそうです。

それを見かねたお母さんに、ダンスを
習うように勧められ、

それからは人前に出るのが好きで明るい性格になったんだとか。

ところが、小学校に入ってしばらくする
と、女子のイジメに遭ってしまいます。

理由も分からず無視をされたり、
悪口を言われたり、陰湿なイジメは中学生になっても続いたそうです。

学校に行くのが嫌になり、お母さんに
相談したところ、

「明日は対抗できるのか自分で決断しなさい」と言われたそうです。

強いお母さんですね。

言われたとおりにイジメ相手と戦ったそうですよ。

冨手麻妙さんはそんな強いお母さんを
尊敬していて、
自分で決めたことに責任を持つようにしているそうです。

冨手麻妙さんが丸刈り!?イジメの相手を見返したい!

冨手麻妙さんは丸刈りしたって本当?

調べたところ、画像がありました。

本当でしたね。

後ろで笑ってる満島真之介さんが怖い!


出典

ドラマ『東京ヴァンパイアホテル』では
役で自分で髪を刈り上げています。

決して、不祥事をした反省で、
頭を丸めたわけではありませんよ。

冨手麻妙さんは過去にイジメられた
ことや、研究生をクビになったことで、

とにかくその相手を見返したいと思っているそうです。

それを思えば、髪を丸坊主にしたり、
『アンチポルノ』や『娼年』で、

一糸まとわぬ姿で熱演したりする
ことは、きっと大した問題ではない、

むしろ女優として当然と思っているのかも知れないですね。

プロ根性が半端ないですね。

さごに

冨手麻妙さんは、小中学校で壮絶な
イジメに遭い、

アイドルになれたと思った途端クビを
宣言され、黒歴史とも言える出来事を幾度となく経験しました。

こういった挫折があったからこそ、
見返したい!負けたくない!という

思いが強くなって、今の冨手麻妙さんがあるんじゃないかと思います。

いつか朝ドラのヒロインになるのが
夢だそうですが、今の勢いがあれば
それも遠い話じゃないかも知れないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする