竜星涼と志田未来が共演した初キスシーン、ドラマの題名は?幻キスも?【Aスタジオ】

こんにちは 🙂

レクです。

3月9日に放送の
『A-Studio(エースタジオ)』に俳優の
竜星涼さんが出演します。

現在出演しているドラマ
『アンナチュラル』では謎の葬儀屋を
演じていますね。

最終回に向けてどう絡んでいくかが
気になる所です。

竜星さんは3月17日〜5月31日には舞台
『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』
でも出演を控えていて、
現在ブレイク中の俳優さんです。

ドラマ、映画、舞台だけにとどまらず、
写真集やカレンダーまで出していると
いう竜星涼さんにも

モチロン初々しい新人時代がありました。

番組では、竜星さんが高校2年生の時に
経験した初キスシーンの話もされますね。

お相手は「志田未来」さん。

実はそのドラマの約6年後にも、
とある映画で志田未来さんと
キスシーンをしていたのは
ご存知でしょうか?

何かと縁のあるお2人なんですね。

キスシーンといえば、竜星涼さんは
過去にお蔵入りした
「幻のキスシーン」があったんだとか!?

今回は竜星涼さんの「キス」に
着目して、あれこれ調べてみたいと思います。
スポンサードリンク

 竜星涼さんのプロフィール


出典

【芸名】
竜星涼(読み方:りゅうせいりょう)

【生年月日】1993年3月24日(24歳)

【出生地】山形県新庄市 東京育ち

【身長】183cm

【血液型】A型

【趣味】サッカー、バスケットボール

【特技】走り高跳び

【所属事務所】研音

竜星さんは高校時代に原宿で
スカウトされ芸能界に入りました。

通っていた高校は
東京都立田無高等学校
と言われています。

竜生涼さんの名前は芸名で、本名は
「三上竜星」
というのが有力な説みたいですね。

2010年4月のドラマ
『素直になれなくて』で俳優デビューし

2013年には
『獣電戦隊キョウリュジャー』
一躍有名になりました。

『ごめんね青春』では
ちょっとおバカな高校生役を演じ

2016年にはWOWOWオリジナル
ドラマ『賢者の愛』では中山美穂さん
の復讐を果たす為に20年間も調教される
という青年の役にも挑戦。

濃厚なキスシーンも話題になりました。

2017年に入ると幅広い年齢層に人気の
『ひよっこ』『小さな巨人』では
両方で警官役をしましたね。

小顔で足長のイケメンな俳優として、
おばちゃまたちの心も掴んだのでは
ないでしょうか?

映画 『orange‐オレンジ』では
土屋太鳳さん演じる「菜穂」
一途に想いながら「翔」との恋を
応援する親友という
重要な役どころを演じました。

個人的には
『オトナ高校』の毒舌先生役みたいな
ハチャメチャなのも好きなんですけどね。
スポンサードリンク

 志田未来さんのプロフィール


出典

【生年月日】
1993年5月10日(24歳)

【出身地】神奈川県

【身長】 150cm

【血液型】 AB型

【特技】運動

【所属事務所】研音

志田未来さんはご存知の方も多いと
思いますが、

子役から活躍している24歳にして
芸歴18年という大ベテランの女優さんです。

未来さんは2005年のドラマ
『女王の教室』に出演し一気に注目を
集め、

翌年の『14歳の母』では
中学生で妊娠・出産するという難しい
役どころを演じました。

『14歳の母』は『金八先生』の
杉田かおるさんの「15歳の母」を
思わず彷彿させる衝撃的なドラマでした。

『借りぐらしのアリエッティ』では
声優にも挑戦していましたね。

志田未来さんは写真集も出していて
5月10日に最新写真集が発売されます。

予約受付中なので気になる方は要チェックですよ。

竜星涼さん人生初のキスシーンはドラマ「秘密」どのシーン?

竜星涼さんと志田未来さんのお2人は
所属事務所が同じで年齢も同じ。

2010年7月にTBSで放送された
『ハンマーセッション』が初共演でした。

学園ドラマだったんですが、主演の
志田未来さんはお節介な江戸っ子少女
「楓」役、

竜星涼さんは「楓」の幼馴染みという役でした。

その後、お2人は2010年10月
テレビ朝日で放送されたドラマ
『秘密』で二度目の共演をします。
スポンサードリンク

ドラマ『秘密』あらすじ

『秘密』は1998年に刊行された
東野圭吾さんの出世作です。

翌1999年には広末涼子さん主演で
映画化もされました。

母・「杉田直子」と16歳で高校生の娘
「杉田藻奈美」を乗せたバスが崖から
転落することから物語は始まります。

「藻奈美」をかばうように覆い
かぶさった「直子」は死亡してしまい、

「藻奈美」は回復不能と言われた
ものの奇跡的に助かります。

直子の夫であり藻奈美の父でもある
「平介」は葬儀の夜、病院へ駆けつけ

死んだはずの妻「直子」の魂が
娘「藻奈美」の体に宿ったことを
知ることとなります。

2人は相談の上、「父と娘」として
生活していくことを決めるのですが……

ドラマは、奇妙で切ない
ラブストーリーに仕上がっています。

竜星涼さんと志田未来さんのキスシーンはいきなりの第一話

志田未来さんは「杉田藻奈美」
竜星涼さんは藻奈美の同級生
「相馬春樹」で共演します。

藻奈美の体で高校生として生活する
と決めた「直子」。

ふと、教室で自分のことを見つめる
「春樹」の視線に気付きます。

『理科室で待つ。春樹』という
メモ書きを見て、理科室に行くと

そこで衝撃な出来事が待っていたのでした。

理科室に行った「藻奈美」は、
いきなり後ろから「春樹」に抱きしめられます。
出典

徐々に接近してくる「春樹」に対して・・・

魂は36歳の母「直子」なわけですから、
状況が把握できず???の状態。

「ウチの娘に何するの!この子!」
っていう表情でしょうか?

ずっと目は見開いたまま、固まっています。

志田未来さんは、前作
『ハンマーセッション』での
はっちゃけた「楓」のイメージを
引きずらないかしら~という心配は
即かき消されるくらい、圧巻の演技力でした。

さすが子役時代から培ってきた
ベテラン女優の風格ですね。

安定しています。

竜星涼さんも「藻奈美」が好きで
たまらない、男の子の心情がよく
表現されていて、

こちらもドキドキが伝わってきました。

しかも現役高校生が演じた高校生役
なのでリアリティがありますよね。

しかし
大勢のスタッフに囲まれながら、
竜星涼さんにとっては初のキスシーン。

とって~も緊張したそうです。

そして終えた後の感想は
「なんなんだ!この世界!?」

そりゃそうですよね。

ちなみに
志田未来さんの初キスシーンの
お相手はというと2009年のドラマ
『小公女セイラ』で「三浦カイト」役

林遣都さんでした。

その後、映画『泣き虫ピエロの結婚式』でもキスシーンが

『秘密』から約6年後の2016年9月に
上映された映画『泣き虫ピエロの結婚式』
で、お2人はW主演で共演を果たします。

『泣き虫ピエロの結婚式』は
「日本感動大賞」の第4回大賞に選ばれ
た実話を基にしたストーリです。

ある時、ピエロ見習いの志田未来さん
演じる「芹澤佳奈美」は、竜星涼さん
演じる透析患者「秋山陽介」と出会います。

運命を悲観し、かたくなに心を閉ざす「陽介」

「陽介」に恋した「佳奈美」はどんな
時でも自分が笑顔でいようと心に決め、
励まし続けます。

「陽介」は始めこそ笑顔は見られな
かったものの、

次第に心を許し惹かれあっていく2人。

やがて結婚の約束をしますが、
式の前日に「陽介」が倒れていまい、

余命が残りわずかだと知らされます。

「陽介」はふたたび笑顔を失い、
「佳奈美」を愛するがゆえに別れを
切り出します。

ところが、翌日病室を訪ねた友人たちに
「佳奈美」の待つ式場へと連れ出され、
めでたく結婚。

結婚後わずか50日という少ない時間で
死という別れを経験することとなる
「佳奈美」

最後の方で「陽介」から送られた
ぶかぶかの結婚指輪を握りしめ
号泣するシーンは、胸が苦しくなります。

『秘密』とはまた違った意味での
切ないラブストーリーでしたね。

ネットの反応は

最後の方のシーンで「私のこと、いつから好きだった?」というシーンがあるんですが…
本当に凄く好きなシーン。キスシーンも微笑ましくて…
幸せな気持ちが溢れて来ました。

難病でありながら純愛なのに押し付けがましさも嫌味もない好感の持てる主人公。

不治の病で運命が決まってる人との関わる覚悟と勇気や車で涙はグッとくる。

など、病気とか死とかを扱う映画
なのに、

暗くなりすぎずに観る
ことができた、という内容が
多いように感じました。

★次のページは、竜星涼さんのお蔵入りした「幻のキスシーン」って?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする