日本刺繍、草乃しずかの年齢や夫、母三星静子の長寿の秘訣は?【徹子の部屋】

こんにちは 😛

レクです。

今度12月20日(水)12時からの『徹子の部屋』に日本刺繍作家の草乃しずかさんが出演します。

刺繍の中でも最も高度な技術を要する、伝統工芸「日本刺繍」。

幼いころから、師匠に弟子入りして修行を重ねた者のみ取得できる匠の技!

などという勝手なイメージがありましたが、そこまで堅苦しいものでもないようで、草乃しずかさんが刺繍を始めたのはご結婚されてからだとか。

草乃しずかさんは「徹子の部屋」には三回目のご出演で、前回二年前の時はお母様の三星静子さんとの親子出演でした。

残念ながらお母様は去年12月25日に多臓器不全のため103歳で亡くなりましたが、お母様も素晴らしい作家さんでした。

そんな草乃しずかさんのことや、亡くなる直前までお元気だったお母様の長寿の秘訣、気になるご主人の事などもちょっと調べてみたいと思います。

「草乃しずか展」についてはこちら☟☟☟

松屋銀座の電車、車の行き方。草乃しずか展の見どころと周辺スポットも調査!

スポンサードリンク

 草乃しずかさんのプロフィール

出典http://kusano-shizuka.com/profile/

年齢:73歳 1944年(昭和19年)生まれ

出身地:石川県 (現在は東京在住)

刺繍との出会い

1970年の26歳の頃、お子さんが小さかったため家で出来る趣味は何かないかと探していたところ、フランス刺繍の「森山多喜子教室」という存在を知り、その教室に参加してみたことがきっかけだそうです。

最初は子供服に刺繍、お部屋のクッションカバーやピアノカバーに刺繡を施し、趣味を楽しんでいました。

二年後の1972年より日本刺繍作家の丹羽正明氏に師事し、その後アトリエ草乃しずか」を創設、作家活動を始めます。

1978年32歳の時にNHK文化センターの講師に就任し、日本刺繍の普及活動に命を燃やす覚悟をしましたが、主婦業との両立はたやすいものではなかったそうです。

1979年33歳の時に初個展を成功させた草乃しずかさんは、そこから「日本刺繍作家」として大きく躍進していきました。

日本刺繍を本格的に始めて6年で講師に、7年で個展を成功されるなんて、並大抵の努力では成しえませんよね。

さらには、1986年くらいから約10年間、ご主人のお母様を看取るまで介護もされています。

天性の才能がもちろんあったにせよ、主婦業や介護をしながらの作品作りは大変苦労したと思います。

草乃しずかさんの魅力は、作品の素晴らしさは勿論、生きざまもあるのではないかと思いました。

出典http://kusano-shizuka.com/info/20171203_1/

草乃しずかさんは4~5年毎に展示会を行っていますが、今年は年末年始にかけての“草乃しずか展 煌く絹糸の旋律”を松屋銀座にて開催します。

■会期■

12/27(水)~1/15(月)(1/1は休館)

■会場■

松屋銀座 8階イベントスクエア

■開場時間■

午前10時~午後8時

※12/31は午後6時閉場

※1/2は午前9時30分~午後7時30分

※最終日午後5閉場

入場は閉場の30分前まで

■入場料■

一般1,000円 高校生700円

中学生500円 小学生300円

全国のローソンにて前売り割引券発売中

(前売り券Lコード35571)

スポンサードリンク

 草乃しずかさんのご主人(夫)はどんな人?

出典http://yumeshishu.air-nifty.com/

お名前は分かりませんでしたが、ご主人はクラシックの世界の大演出家という経歴の持ち主で、ずっと長い間NHKで構成・演出を手がけていらした方だそうですよ。

お年は、1937年(昭和12年)生まれの80歳です。

ちなみに、

同じ1937年生まれの芸能人は・・・

加山雄三さん

伊東四朗さん

左とん平さん

でした。

どなたも、80歳とは思えない若々しい方たちばかりですね。

ご主人は、愛知県を中心にラジオ、舞台、イベントなどで活躍しているフラダンサー酒井信代さんの、自称E Ka La後援会長をされているそうです。

ところで、

草乃しずかさんとはどんな出会いでご結婚されたんでしょうかね?気になります。

さすがにお二人の馴れ初めまでは分かりませんが、草乃しずかさんのブログに旅行に行った際のご主人とのツーショットが時々アップされています。

いまでもラブラブなことは間違いないようですね。

ブログには、お互いに支えあうことがとても大事だと綴られてます。

家事も分担していますよ。

料理、掃除は草乃しずかさんが担当し、ご主人は洗濯、風呂掃除、とお互いに
分け合って助け合っているそうです。

素敵なご夫婦ですね。

 草乃しずかさんの母、三星静子さんはこんな人!

出典http://ashita-seikatsu.jp/blog/shizuko

草乃しずこさんのお母様、三星静子さんはは1913(大正12年)石川県羽咋市旭町出身。

石川県立羽咋高等学校の第一回生で旧姓は河崎静子さんでした。

古ぎれコラージュ作家でしたが、なんとデビューは92歳の時!!

驚きですね。

著書には「わたしは99歳のアーティスト」「ひとりになっても、夢中になれることをお持ちなさい」があります。

草乃しずかさんご夫婦とは同居はせずに、東京八王子市の一軒家でひとり暮らしをしてました。

買い物とそうじの一部でヘルパーさんの助けを借りるほかは、食事作り、洗濯など、日々の家事をご自身でこなしていたそうです。

長寿の秘訣は恋をすること!?

好きな俳優はぺ・ヨンジュンだというのも驚きでしたが、77歳の時には恋人がいたそうです。

「77歳で恋人ができた時、お料理なんかもはりきってやりましたよ。

やっぱり相手がいないとお料理もいいものできませんよ。

ひとりだといい加減になるけど、相手に食べさせたいと思うと、はりきってね。

料理に凝るの。

彼のためにごちそうしなくちゃって、そういうはりが出てくるの。」

さらには、

アクセサリーなどを手作りして、おしゃれ心は死ぬまで持っておくともおっしゃっていました。

ハイ、女子力高すぎです。

完全にワタシ負けてます。

人生トキメキって大切ですよね。
う~ん・・・

どこかにトキメキ落ちていないかしら・・・

三星静子さんは、健康の秘訣をテレビで公開していた!

三星静子さんは99歳の時、ゆうどきネットワーク(NHK)の番組で、

“偉大なるお年寄りに学ぶ健康の秘訣”というタイトルで、出演したことがあります。

その中で、

・おいしく食べて生きていたい。

・頭に浮かぶ創作に打ち込みたい。

・情感を表現する作品づくりを楽しむ。

・毎日の衣食住をひとりで考え、実行していくこと。

と、健康の秘訣を語っていました!

とても理想的な生き方ですね。

三星静子さん、103歳の時の作品です!!

出典http://yumeshishu.air-nifty.com/

現代美術家 村上隆氏の五百羅漢の絵を見た三星静子さんは、深い感動を覚え、布のコラージュで再現したそうです。

いったい、どのくらいのサイズなんでしょうか?

草乃さんは「あまりの迫力に圧倒された!」とコメントされていたので、きっと大きな作品なのでしょうね。

「徹子の部屋」では三星静子さんの遺作となったタペストリーを紹介されました。

三星静子さんは2016年12月25日、103歳でこの世を去りましたが、悔いのない幸せな人生だったと思います。

私もそうありたい、理想の女性像でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「草乃しずか展」についてはこちら☟☟☟

松屋銀座の電車、車の行き方。草乃しずか展の見どころと周辺スポットも調査!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする