超高級いちご「美人姫」と幻の白いちご「雪うさぎ」「天使の実」を買いたい【おしゃれイズム】

こんにちは 😉

レクです。

体重計の電池切れに気づいてはいたものの、1か月放置していました。

昨日重い腰を上げてやっと電池交換したんですが・・・

(こういったところで普段ズボラなのがバレますよね。)

で、1か月ぶりに体重を測ったら!!なんと!!!!

今度『おしゃれイズム』に私の好きな木村文乃さんが出演するというので、予告動画を見ていたところ、フルーツ好きな木村文乃さんもビックリな果物が登場で大喜び!!

木村文乃の自宅はどこ?結婚した旦那の千葉大樹って誰?子供はいるの?

登場するのは「一粒1万円の超高級いちご」「幻の白いちご」!!!??

なんじゃそれ?

1パック500円のいちごですら、買うのに悩んでいる私からすると未知の領域です。

気になって調べてみると、いちごの品種改良が進んで、高級いちごが続々出回っているではないですか!

今回は、いちご界の価格常識が覆る!?

高級いちご達を紹介していきたいと思います。

「一粒1万円の超高級いちご」や「幻の白いちご」ももちろん紹介しますね。

スポンサードリンク

超高級いちごって?桐の箱に入った「美人姫」さんでした!

奇跡の大粒いちご「美人姫」

岐阜県の奥田農園園主・いちご一筋35年の奥田美貴夫氏が、いちご作りの集大成として誕生した”いちご”こそ、この「美人姫」

美人姫は、ただ大きいだけではありません。

名前に「美人」とついているように、大きくなっても形が美しい!

大きいので大味かと思いきや、ちゃんと甘い!

市場出荷されているいちごの平均糖度は10度で、一般的に糖度が12度あればかなり甘いとされているそうなんですが、「美人姫」は糖度13度~15度もあるんです。

色、艶、香り、甘さ、大きさの5拍子がそろった、他にはない奇跡のいちごです。

美人姫の最大サイズは、一粒で80g以上。

この超大玉サイズを1粒、桐箱に入れた品は、そのお値段が・・・なんと5万円!

5万円のはなかったので60g級と70g級を紹介しますね。

こちらが60g級!!

もっとすごいぞ!こちらは70g級!!

3月上旬までが旬のいちごちゃん!気になる方はお早めに!

スポンサードリンク

 幻の白いちご「雪うさぎ」と「天使の実」を食べ比べたい!

白いいちご「雪うさぎ」「天使の実」は、佐賀県の唐津市の農家、いちご一筋45年の井手さんの手によって作られました。

突然変異のものを元に約5年の歳月をかけて品種改良した結果、大粒で美味しい白いいちごが誕生しました

わずか6名の生産者しか栽培していない希少ないちごです。

「雪うさぎ」は収穫時期が早く(12月下旬くらいから)、平均果重は35gで桃のような豊かな香りがあり、酸味少なく甘く、果実は硬めです。1月上旬から3月下旬までしか味わえない旬の短いいちごです。

「天使の実」は収穫時期は遅いものの(一月下旬くらいから)、果実は「雪うさぎ」同様硬めで、平均果重はなんと60gもあります!こりゃでかい!

出典

パイナップルやメロンのようなトロピカルな不思議な味で「一度食べれば、忘れられない味」と言われているんだとか。

「雪うさぎ」は桃のような味わいで「天使の実」はトロピカルな味とは!

うーん・・・できれば食べ比べたい二品ですね。

他にもまだまだあるぞ~!高級いちご3選!

徳島県産 「さくらももいちご」

たった6軒の農家でのみ作られるレアいちご!

とんがった先っちょが特徴の「さくらももいちご」は先端部の甘さは糖度17度!

とんがり部分が甘みの塊!

熊本県産 「ひのしずく」

糖蜜使用で有機栽培のこだわりいちご!

果汁がとにかく多いと言われています。

長野県産 「桃薫いちご」

桃?ココナッツ?カラメルまたはいちごミルクの香り漂う、

淡いサーモンピンク色が特徴の「今までにない斬新ないちご」

まとめ

超高級いちごから、個性豊かな高級いちごまで、あまり聞いたことのない品種をあえてピックアップしてみました。

いかがでしたでしょうか?

どれも美味しそうですね~♪

できればお値段を気にせず食べ比べてみたいものですなぁ~。

木村文乃の自宅はどこ?結婚した旦那の千葉大樹って誰?子供はいるの?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする