えなこ(コスプレ)の本名や破格年収の収入源は?カップやスリーサイズも気になる!

こんにちは 😛

レクです。

突然ですが、コスプレイヤーの
えなこさんはご存知ですか?

あ、コスプレイヤーとは、コスプレで
活動する人のことを指します。

コミケやアニメのイベントなどで、
アニメのキャラクターの格好をしている
方たちがいますよね。

そー、その人たちです。

えなこさんは、
「日本一のコスプレーヤー」
と称されるほど大人気の
コスプレイヤーで、

日本だけでなく海外にもファンが
沢山いるんだそうです。

なんと、
えなこさんは月収1000万円
なんだとか!

収入源やカップ、スリーサイズも
気になりますね。

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

えなこさんのプロフィール


出典

愛称:えなこりん

生年月日: 1994年1月22日( 24歳)

血液型: A型

身長 :154 cm

体重: 43 kg

出身地:愛知県名古屋市

えなこさんがコスプレを始めった
きっかけは中学生の時、

TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』を
観てアニメにハマったのが発端
だったんだとか。

そんな時、えなこさんの親友に
コスプレイベントに誘われたのが
きっかけでコスプレを始めます。

最初にコスプレしたキャラクターは
「涼宮ハルヒ」だったそうですよ。

えなこさんはアイドル活動もされて
いたんですね。

パナシェ!というアイドルグループと
いうので、調べてみたらコスプレーヤー
女の子三人組のアイドルグループでした。

パナシェ!解散後に一度は引退
するものの、ファンの熱い誘いに負け
復帰することになり現在に至ります。

引退後、名古屋のアルバイト先まで
ファンが来て、何度も説得された
そうですよ。

ファンの力って偉大ですね。

えなこさんの月収が1000万円!?その収入源は?

先日えなこさんが出演した
「ダウンタウンDX」で月に1000万円を
稼ぐという事実が公表されました。

1000万円!?

年収ではないですよ!月収です!

気になるのは収入源ですよね。

えこなさんの一番大きい収入源は
アニメやゲームなどの
公式コスプレイヤーのお仕事だそうです。

海外イベントに出演することも
多いのだとか。

その他にも、動画配信アプリを使った
換金の総額は1時間のトーク配信で
およそ20万円にも上るそうです。

写真集を自費出版で出しているので、
その売上なども含めると、

昨年12月の月収が1000万円を超えた
んだとか!!

えなこさんは、可愛いだけではなく、
抜群のプロポーションを誇っています
よね。

ですので、グラビア人気も高く
「週刊ヤングジャンプ」や雑誌などで
表紙を飾ることも多いそうです。

YouTubeの広告収入も相当なものだと
思いますから、もしかしたら

月収1000万円というのはちょっと
控えめに言っていたのでは?なんて
思ってしまいました。

どんだけ稼ぐの!!と驚きのえなこさん
ですが、衣装はすべて自前なんですって。

えなこさんはコスプレ衣装の殆どを
手作りしているそうですが、

オーダーメイトで作ることもあるんだとか。

高いものだと100万円近くすることも
あるそうです。

武器やステッキの小物類も案外高くて、
15万円~20万円はするんだとか。

アニメってシーズンごとに次々新作が
出るので、その都度衣装や小物を揃えて
いるってことですよね。

必要経費とはいえコスプレイヤーも大変
なんですね。
スポンサードリンク

えなこさんの本名は?

えなこさんは本名ではないそうで、
小学校の時にパソコンで使っていた
ハンドルネームが
「みなづきえり」⇒「えな」と
進化して現在の「えなこ」に落ち着いた
そうです。

では本名は?というと。

「川橋つばさ」という名前が
ネット情報では有力ですね。

13歳の時にnicolaの
モデルオーディションに応募した際の
名前が本名の「川橋つばさ」だったんだ
そうですよ。

あんなに可愛ければ受かったと思い
ましたが、残念ながら不合格だった
そうです。

しかし、その時の証拠写真なるものを
確認したんですが、どうも私的には
えなこさんには見えないんですよね。

中学生時代と今とでは顔が変わるので
何とも言えませんが・・・

ですので「川橋つばさ」が本名
というのは私の中ではグレーと
いうことで。

うーん・・・でも気になる・・・

えなこさんのカップやスリーサイズが気になる!


出典

えなこさん、本当に可愛いですよね。

写真で見た感じ、胸が大きそう!

公表されているスリーサイズ は

86cm 59cm 85 cm

で、

カップサイズは Eでした。

154cmと小柄でおっぱいが大きい
なんて萌え要素たっぷりじゃない
ですか!!!

ホント引退しないでよかったですね。

さいごに

えなこさんは、自身がテレビや雑誌で
活躍することによって、コスプレの
新しい道を切り開いていきたい。
と語っています。

確かに10年前とは比べものにならない
ほど、コスプレの認知度が一般人まで
浸透してきていますよね。

やはり、ここまでコスプレ文化が
浸透したのは、えなこさんの功績が
少なからず影響していたのは確か
でしょう。

これからの活躍にますます期待して
います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする